【犬の遠吠え】の意味と使い方や例文(慣用句)

犬の遠吠え

【慣用句】
犬の遠吠え

【読み方】
いぬのとおぼえ

【意味】
臆病な人が陰で虚勢を張り、または他人を攻撃すること。

【スポンサーリンク】

「犬の遠吠え」の使い方

健太
健太がなんで空手部のキャプテンなんだって、陰口をたたかれるんだ。
ともこ
彼らのいっていることなんて気にしてはだめよ。犬の遠吠えと同じよ。自信をもって。
健太
あんな風にいわれると、そうなのかなって思うんだ。そしたら力が入らなくてミスばかりしてしまって。ああ、僕はなんてだめなやつなんだ。
ともこ
健太くんを選んだ先輩や師匠をもっと信頼して。そして何より自分を信頼してあげないと。そうすれば、大丈夫よ。

「犬の遠吠え」の例文

  1. 面と向かって抗議をしないならば、何をいっても犬の遠吠えでしかない。
  2. 彼の言っていることは犬の遠吠えだから、放っておくことだ。
  3. 飲み屋で犬の遠吠えのように文句を言っていないで、会議中にいうべきだ。
  4. 和貴子ちゃんは、いつも陰で文句を言って、犬の遠吠えと同じだからあだ名はわんこだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪