【息が絶える】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
息が絶える

【読み方】
いきがたえる

【意味】
呼吸がとまって死ぬこと。


「息が絶える」の使い方

ともこ
健太くん。なぜ泣いているの?
健太
朝、いつものように飼い犬の散歩に行こうとしたら、飼い犬の息が絶えていたんだ。
ともこ
前から体調が悪かったの?それとも急だったの?
健太
急だったんだ。昨日の夜まで元気だったんだ。苦しんでいる時にそばにいてあげたかったな。

「息が絶える」の例文

  1. もがいて苦しんでいる子供の様子を見て、すぐに救急車が呼ばれたが、子供は苦しそうな顔のまま息が絶えてしまった。
  2. 学校に侵入してきた猪はまったく息が絶えていたのに、一年生や二年生はまだこわがっていた。
  3. 私が、奥さんに頼まれた買い物を済ませて帰った時には、奥さんはもう息が絶えていましたから私にはアリバイがあります。
  4. 彼は、あおむけに倒れていて、口と後頭部が血だらけで、息が絶えていることは、一目見てわかったので救急車ではなく警察を呼びました。
  5. 先生の体調がいよいよ悪いとの知らせがあったので駆け付けてみたのだが、間に合わず、もう息が絶えていた。
  6. 家族に手紙を届けるという約束をすると、兵士は安心したように息が絶えた
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事