【井の中の蛙大海を知らず】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語・英語)

【ことわざ】
井の中の蛙大海を知らず

【読み方】
いのなかのかわずたいかいをしらず

【意味】
自分の目で見たり耳で聞いたりするなどして得た体験や知識が圧倒的に少なく、それでいて自分の乏しい見聞にこだわってしまうという意味です。
見聞が乏しいにも関わらず、自分は何でも知っているように勘違いしたり、得意になっている人を指す事もあります。
また、世間知らずという意味もあります。

【語源・由来】
中国の思想家・荘子の書いた「秋水」の中の「井蛙不可以語於海者、拘於虚也」という言葉が由来となっています。
意味は、井戸の中のカエルに海の話が通じないのはカエルが井戸という狭い世界にとらわれているから、という内容です。
ここから、物の見方や考え方が狭い人を指して使うようになりました。

「井の中の蛙大海を知らず」で終わる中国の故事ですが、日本に伝わると誰かがその続きを考えました。
それは「井の中の蛙大海を知らず、されど空の深さ(青さ)を知る」というものです。
狭い世界しか知らなくても空の雄大さ(青さ)は知る事ができる、という前向きな意味に変化しました。

【類義語】
・井の内の蛙大海を知らず
・井底の蛙
・井の中の蛙
・井蛙(せいあ)
・井蛙の見
・井蛙は以って海を語るべからず
・針の穴から天を覗く
・葦の髄から天井を覗く
・管を以て天を窺う
・鍵の穴から天を覗く
・夏虫は以て氷を語るべからず
・夏の虫氷を笑う
・夜郎自大

【対義語】
・井の中の蛙大海を知らず、されど空の青さを知る

【英語訳】
・He that stays in the valley shall never get over the hill.
・The frog in the well knows nothing of the great ocean.
・The frog in the well does not know the ocean.
・A big fish in a small pond.
・He that stays in the valley shall never get over the hill.


「井の中の蛙大海を知らず」の使い方

健太
最近TVのニュースを見ていると、アメリカがものすごく威張り出してきたって感じるよ。
ともこ
そうね、ちょっと感じが悪いわよね。
健太
今アメリカを動かしている政治家たちは、みんなアメリカが世界の中心だと思っているのかな。
ともこ
井の中の蛙大海を知らずよね。アメリカはもう少し広い視野が必要だと思うわ。

「井の中の蛙大海を知らず」の例文

  1. この程度の知識をひけらかして得意になっているようじゃ、井の中の蛙大海を知らずだよ。
  2.  甘やかされて育った彼は井の中の蛙大海を知らずで、威張っているけど世間を何も知らない人だ。
  3.  自分の専門分野にこだわっていると知識が偏ってしまい、井の中の蛙大海を知らずになってしまう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事