「ことわざ・慣用句」のLINEスタンプ発売中♪

【針の穴から天を覗く】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・英語訳)

針の穴から天を覗く

「針の穴から天を覗く」の意味(語源由来・類義語・英語訳)

意味
【ことわざ】
針の穴から天を覗く

「針の穴から天上を覗く」ともいう。

【読み方】
はりのあなからてんをのぞく

【意味】
少しの知識しかないにも関わらず、大きな問題を解決しようとすることのたとえ。

ことわざ博士
「針の穴から天を覗く」という言葉は、非常に狭い範囲や限られた視点から広大な世界や大きな問題を見ることを表しているんだ。

この比喩は、自分の限られた経験や知識だけで物事を判断し、大きな世界や複雑な問題について語ることの不十分さや危険性を警告しているんだよ。

助手ねこ
なるほどね、それは結構考えさせられるな。自分の小さい世界だけで物事を判断してしまうと、本当のところが見えてこんってことやな。広い視野を持って、色んな角度から物事を見ることの大切さを教えてくれてる言葉やね。

勝手な想像や推測で物を言うんじゃなくて、もっと広く深く知識を持つことが大事やってことかいな。

【語源・由来】
針の穴のような小さなところから天を見ても、ほんの一部しか見えないことが由来。

【類義語】
よしずいから天井をのぞ
くだを以て天をうかが
・鍵の穴から天を覗く
・井の中の蛙大海を知らず
遼東りょうとういのこ
・貝殻で海を量る

【英語訳】
Seeing the sky through a funnel.

【スポンサーリンク】

「針の穴から天を覗く」の解説

カンタン!解説
解説

「針の穴から天を覗く」という表現は、非常に狭い視野や限られた知識から、広大な世界や複雑な問題について意見や推測をすることを意味しているんだ。これは、自分の知っていることや経験したことが非常に限定されているにもかかわらず、それをもとに大きな事柄を理解しようとする様子を批判的に言い表した言葉だよ。

針の穴は非常に小さく、そこから天を覗くという行為から、どれだけ視野が狭いか、また、全体像を捉えることの難しさを想像できるね。この表現を使う時は、人が狭い視野で物事を見ていると感じたり、もっと広い視野で物事を考えるべきだと指摘したい時に使われることが多いんだ。

例えば、特定の分野における限られた経験しか持たない人が、その分野全体やまったく異なる分野について断定的な意見を述べるような場合、「針の穴から天を覗く」という言葉でその状況を表すことができるよ。この言葉は、より多くの知識や経験を積むこと、そしてより広い視野を持つことの重要性を思い出させてくれるんだ。

「針の穴から天を覗く」の使い方

健太
ともこちゃん、先週から生徒会が先生と話し合いを続けているよね。
ともこ
そうみたいね。とても難しい問題があるみたいだわ。
健太
僕が話し合いに参加して、解決してこようと思っているんだ。
ともこ
健太くん、針の穴から天を覗くようなことをしても、きっと解決は難しいと思うわ。
【スポンサーリンク】

「針の穴から天を覗く」の例文

例文
  1. 健太くんは、プラモデルしか作ったことがないのに、パソコンの修理もできると言い張っている。針の穴から天を覗くようなものだ。とても、修理はお願いできない。
  2. 母はなんでも知っているように答えるけれど、針の穴から天を覗くようなものだということには気づいていない。
  3. 上司が急に会議に割り込んできたけれど、いつも針の穴から天を覗くような意見なので、みんな困っている。
  4. そのように、針の穴から天を覗くようなやり方では、いつまでも解決は難しい。
  5. このことについては、父にとっては針の穴から天を覗くようなものだから、任せられない。