【間隙を縫う】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
間隙を縫う

【読み方】
かんげきをぬう

【意味】
切れ目なく続いている物事のすきまをとらえて何事かを行う。「間隙」は、物と物との間。

【スポンサーリンク】

「間隙を縫う」の使い方

ともこ
健太くん。今日も朝寝坊したの?
健太
そうなんだ。夜はあんなに目が冴えているのに、朝ってなんでこんなに眠いんだろう。
ともこ
健太くんは、だらしがないのよ。本当に駄目な人ね。朝、起きないから夜、眠くならないのよ。というか、授業中も眠っているでしょう?それがだめなのよ。寝過ぎよ!寝過ぎ!
健太
(・・・ああ、ともこちゃんの言葉の攻撃の間隙を縫って反論するなんて、僕には出来そうもない。)

「間隙を縫う」の例文

  1. 我々は、全ての情報を網羅した上で、その間隙を縫うように、事を巧みに進めなければならないのだ。
  2. 仕事の間隙を縫って、祖母のお見舞いに行く。
  3. 初詣の人込みの間隙を縫って、やっとの思いで目的の場所にたどり着いたのだった。
  4. テレビのニュースで、戦闘の間隙を縫って逃げ惑う人々の姿が映し出されていた。
  5. アイドルグループが出てくるのを待ち構えていた大量のファンたちの間隙を縫って、彼らは、手を振りながら笑顔で去っていった。
  6. 警察の徹底的な捜査の間隙を縫うように、犯人たちは、巧みに逃げ続けた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事