【気が短い】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
気が短い

【読み方】
きがみじかい

【意味】
すぐいらいらしたり怒ったりすること。

【類義語】
短気である

【スポンサーリンク】

「気が短い」の使い方

ともこ
健太君、ひどいじゃない。今日は私、本当に怒ってるわよ。
健太
ともこちゃんは見かけによらず気が短いんだね。別にそんなに怒る必要もないんじゃないの。いったい何をそんなに怒っているんだい?
ともこ
私が何で怒っているのか、わからないの?心当たりはないの?
健太
えっ、心当たり?何かともこちゃんを怒らせるようなことをしたかな?別に何もしてないと思うけど。ともこちゃんて、本当に気が短いんだね。

「気が短い」の例文

  1. あの人は気が短いから、できるだけ刺激しないようにしなくてはならない。
  2. 気が短いと何かにつけて損をするから、できるだけ怒らないようにする方がいい。
  3. 気が短い人はいつカッとなるかわからないから、なるべく近づかないようにしたい。
  4. 店員が「ちょっとお待ちください」と言ってすぐに来なかったので、客は怒って店を出て行ってしまったが、気が短い人だと思う。
  5. 気が短い人の特徴は、じっと我慢ができないことである。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事