【金石の交わり】の意味と使い方の例文(類義語・対義語。英語訳)

【ことわざ】
金石の交わり

【読み方】
きんせきのまじわり

【意味】
金や石のように非常に固く、変わることのない友人関係のこと。

【語源・由来】
金属も石も堅く、容易に割れるものではないことから、「金石」はきわめて堅く、永久に変わらないもののたとえに用いる。
「漢書・韓信伝」に「今足下は漢王と金石の交わりを為すといえども、然れども終には漢王の擒とする所と為らん」とあることから。

【類義語】
・魚と水
・管鮑の交わり
・膠漆の交わり
・心腹の友
・水魚の親
・水魚の交わり
・断金の契り
・断金の交わり
・断琴の交わり
・莫逆の友
・刎頸の友
・刎頸の交わり

金鉄の交わりは誤用。

【対義語】

【英語訳】
A good friend never offends.

「金石の交わり」の使い方

健太
ともこちゃん、、ぼくたちは、いままでずっと金石の交わりだったわよね。
ともこ
うん。そうね。きっとこれからもそうよ。
健太
実は、ともこちゃんの大事にしてたお茶碗を割ってしまったんだけど、ごめんね。でも金石のようになかなか割れない仲でしょう?
ともこ
むむむ。怒りが爆発しそうだけど、今回は、いままでの金石の交わりに免じて許すわ・・・。

「金石の交わり」の例文

  1. 身分の違いがあったけれども、そんなことは考慮せず、ともこちゃんと健太くんは金石の交わりをしてきた。
  2. 次期頭取と目されている彼はなぜか、一行員でしかない僕を気に入っていて、金石の交わりを続けている。
  3. 健太くんは、部下だけれども、金石の交わりをする友でもある。
  4. ともこちゃんと健太くんは、長らく不仲だったが、和解して、誤解が解けてからは金石の交わりをしている。
  5. ともこちゃんと健太くんは、呼吸が絶妙に合致するように感じられるほどの仲で、これが金石の交わりかとうらやましくなる。

まとめ

携帯電話の中でたくさんの人とつながり、満足するよりも、一人でもいいから金石の交わりの友がいたほうが幸せであり素敵であると思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事