【京の着倒れ、大阪の食い倒れ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】

京の着倒れ、大阪の食い倒れ

【読み方】

きょうのきだおれ、おおさかのくいだおれ

【意味】

京都の人は衣服に金をかける着道楽、大阪の人は飲食に金をかける食道楽の気風があるという事。

【語源・由来】

服飾にできる限り贅沢をする優雅な京の気風と、飲食の質を重んじる商人の町である大阪の気質を対比させていった事から。
「着倒れ」は、着るものに金をかけすぎて財産をなくす事、「食い倒れ」は、飲食に金をかけすぎて財産をなくす事を表している事から。

【類義語】
・阿波の着倒れ、伊予の食い倒れ
・因幡の食い倒れ
・越後の食い倒れ、上州の着倒れ
・江戸の食い倒れ
・大阪の食い倒れ、堺の建て倒れ、尼崎は履いて果てる
・尾張の着倒れ、美濃の系図倒れ
・関東の着倒れ、奥州の食い倒れ
・関東の食い倒れ、上方の着倒れ
・紀州の着倒れ、水戸の飲み倒れ、尾張の食い倒れ
・京は着て果て、大阪は食って果てる
・桐生の着倒れ、足利の食い倒れ
・甲州の着倒れ、信州の食い倒れ
・下総の食い倒れ、常陸の着倒れ
・備前の着倒れ、因幡の食い倒れ、作州の家倒れ

【対義語】

【英語訳】
・Kyoto people are extravagant in dress and Osaka people in food.

このことわざの様に、他県・他国(主に近隣)との対照的な違いを指したことわざは数多く存在しています。

「京の着倒れ、大阪の食い倒れ」の使い方

ともこ
あの国語の先生は、京都出身らしいね。
健太
ああ、あの新任の先生だね。初めて見たけれど凄く華美な格好をしていたね。
ともこ
京の着倒れ、大阪の食い倒れというからね。素敵な洋服には目がないのかも。
健太
オシャレが好きなのは、出身地の県民性なのかもしれないね。

「京の着倒れ、大阪の食い倒れ」の例文

  1. 彼は、京の着倒れ、大阪の食い倒れというように、自分の稼ぎ以上に服にお金を使う。
  2. まさに京の着倒れ、大阪の食い倒れで、大阪は美味しい食べ物が多くあったよ。
  3. 京の着倒れ、大阪の食い倒れだから、出身地の違う二人のお金の使い道も全く違う。
  4. 京の着倒れ、大阪の食い倒れというが、彼は京都出身なのに服に無頓着である。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事