【狐の嫁入り】の意味と使い方の例文(語源由来・英語訳)

【ことわざ】
狐の嫁入り

【読み方】
きつねのよめいり

【意味】
日が照っているのに、パラパラと雨が降ってくること。
日照り雨のこと。

【語源・由来】
狐の嫁入りとは、夜中に狐火が連なる様子を、狐の嫁入り行列の提灯に見立てて言ったもの。
天気雨が降る時には、狐の嫁入りがあるという言い伝えから、日が照っているのに雨が降ることを狐の嫁入りというようになった。

【英語訳】
Sunny rain. Sudden rainfall in the sunshine. Demon’s lantern march.

狐火とは、人々が寝静まった夜中に、提灯のような日が点滅しながら行列を成して現れると言い伝えられている。
狐火は、狐と密接な関係があるとされている。
正岡子規が俳句で冬と狐火を詠っている。
俳句では、狐火の出没時期は冬とされているが、夏の暑い時期や秋に出没したという言い伝えもあるとされている。
【スポンサーリンク】

「狐の嫁入り」の使い方

健太
ともこちゃんも、ここで雨宿りするといいよ。
ともこ
ありがとう。急に雨が降り出してきて、驚いたわね。
健太
こんなに晴れているのに、雨が降るとは思わなかったよ。
ともこ
狐の嫁入りね。

「狐の嫁入り」の例文

  1. 天気予報では今日は一日中晴れだと言っていたので、洗濯物を干してきたけれど、こんなに晴れているのに雨が降るとは思わなかった。狐の嫁入りだ。
  2. 出掛けようとしたところで、雨が降ってきたけれど、きっと狐の嫁入りなのでこのまま出発することにしよう。
  3. とても天気がいいので、子供と散歩へ出かけたけれど、急に雨が降ってきて雨宿りをすることにした。おそらく狐の嫁入りだろう。

まとめ

狐火という言葉を、初めて耳にしたのではないでしょうか。
とても不思議な現象が起こるという言い伝えがあるのですね。
日が照っているのに、雨が降るという狐の嫁入りも、不思議なことのように思えてしまうのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事