【聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥

【読み方】
きくはいっときのはじきかぬはいっしょうのはじ

【意味】
自分の知らないことはそのままにせず、積極的に聞いたほうが良いという意味。

【語源・由来】
知らないことを聞くときは、その場限りの恥をかくだけで済むが、聞かずに知らないままでいた方があとあと恥をかき後悔することをたとえている。

【類義語】
・聞くは一時の恥、聞かぬは末代の恥
・問うは一時の恥、問わぬは末代の恥
・聞くは一旦の恥聞かぬは末代の恥
・問うは一旦の恥問わぬは末代の恥
・負け惜しみは一生文盲
・知らずば人に問え

【英語訳】
・Asking makes one appear foolish, but not asking makes one foolish indeed.
・Ask much, know much.


「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」の使い方

健太
なんで数学ってこんなに難しいの?今日のところも全然分からなかったよ。
ともこ
健太君は、復習をちゃんとしてないからよ。分からない所は先生にちゃんと聞かないと。
健太
えー、数学の先生怖くて聞けないよ。それに、なんか聞きに行くの恥ずかしいよ。
ともこ
そんな状態だったら、ずっと分からないままだよ?聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥っていうんだから、恥ずかしがらずに行って来たほうがいいよ。

「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」の例文

  1. 聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥なのだから、知ったかぶりをせず質問しなさい。
  2. テーブルマナーが分からなかったため、聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥だと思って友人に聞いた。
  3. 新入社員の僕はよく先輩に「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥だから知ったかぶりはするな」と言わている。
  4. 上司が「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥だ。なんでも聞け。と言っていたため質問しやすくて助かった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事