【弘法にも筆の誤り】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
弘法にも筆の誤り

「弘法も筆の誤り」ともいう

【読み方】
こうぼうにもふでのあやまり

【意味】
名筆家の代表とされる弘法大師でも、時には書き誤りがあるということで、名人上手でも失敗することもあるというたとえ。

名人でない人や、自分のミスを弁護するために使うのは不適切。

【語源・由来】
弘法大師のような筆の達人でも、時には書き損なうことがあるということ。
弘法大師は、平安時代初期の僧、空海のことで、真言宗の開祖である。書の達人としても知られていた。

【類義語】
・河童の川流れ
・麒麟の躓き
・孔子の倒れ
・巧者の手から水が漏る
・権者にも失念
・猿も木から落ちる
・釈迦にも経の読み違い
・上手の猿が手を焼く
・上手の手から水が漏る
・千里の馬も蹴躓く
・千慮の一失
・知者の一失
・知者も千慮に一失あり
・天狗の飛び損ない
・念者の不念
・百足のあだ転び
・文殊も知恵のこぼれ
・竜馬の躓き

【対義語】
・愚者にも千慮に一得あり
・愚者も一得
・千慮の一得

【英語訳】
Even Homer sometimes nods.

「弘法にも筆の誤り」の使い方

健太
ともこちゃんが、あんなミスをするなんて弘法にも筆の誤りはあるんだね。
ともこ
その話はもうやめてほしいわ。解答を書く場所が一つずつずれていて零点になるなんて、一生の不覚だわ。
健太
めずらしすぎて、小惑星が地球に衝突するんじゃないかってどきどきするくらいだよ。
ともこ
健太くんのためていた宿題を手伝っていたために、今朝は寝不足でテスト中ぼーっとしていただけですからもうしません!

「弘法にも筆の誤り」の例文

  1. 普段は、頭に電卓が入っているように計算に正確なともこちゃんが、こんな計算ミスをするなんて弘法にも筆の誤りがあるんだな。
  2. 書道大会ではいつも入選者の常連なのに、「は」と「ば」を間違えて入賞を逃すなんて、弘法にも筆の誤りがあるんだね。
  3. なんでも完璧にこなす先生が、生徒の名前を間違えるなんて弘法にも筆の誤りがあるんだね。
  4. 水泳の県大会優勝者の健太くんが授業中におぼれかけたので、弘法にも筆の誤りってあるのねとしばらく話題になった。
  5. 料理上手な母が塩と砂糖を間違えて料理をしたので弘法にも筆の誤りがあるんだと思った。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事