【苦もなく】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
苦もなく

【読み方】
くもなく

【意味】
苦労することなく。簡単に。たやすく。

【スポンサーリンク】

「苦もなく」の使い方

ともこ
健太くん。木の上に、降りられなくなって泣いている子猫がいるの。助けてあげてほしいんだけど。
健太
うん。いいよ。僕なら苦もなく木のてっぺんまで登ることができるよ。
ともこ
さすが健太くんね。健太くんなら、運動神経が抜群だから、そういってくれると思ったのよ。
健太
さあ、急いで、そのかわいそうな子猫を助けに行こう!

「苦もなく」の例文

  1. 彼は、私が一時間かかった巨大迷路を、苦もなく5分でゴールまでたどりついてみせたのだった。
  2. 姉は難しいパズルを苦もなく解いた。
  3. 私が、部屋の中に虫が居て気持ち悪いといって騒いでいたら、彼は苦もなく、その虫を手でつかんで部屋の外に出したのだった。
  4. 僕はかつて、その少年の立場に立っていたことがあったので、苦もなく彼の気持ちを理解することができた。
  5. 私が宿題をしていて、分からない問題に直面し、唸って困っていたら、部屋に入ってきた弟が、苦もなくその問題を解いてしまったのであっけにとられた。
  6. 彼は、この会社の創業家の一族の人間なので、苦もなく出世することができるだろう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事