【九牛の一毛】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】

九牛の一毛

【読み方】

きゅうぎゅうのいちもう

【意味】

多数のうち、きわめて少ない部分の事。また、たくさんの物事のうち比較にならないほどつまらない小さな事。些細な事。

【語源・由来】

中国南北朝時代南朝梁の皇族・昭明太子によって編纂された詩文集『文選』にて、中国前漢時代の歴史家・司馬遷のことを記した『報任少卿書』より。
司馬遷が友人の任安に宛てた手紙に「たとい僕、法に伏し誅を受くるも、九牛の一毛を亡うが若し(私が罪によって殺されたとしても、それは九牛が一毛を失った程度のこと)」という記述があった事から。
「九牛」の「九」は具体的な数字ではなく、数が多いという意味で、多くの牛の中のたった一本の毛という意味から。

【類義語】
・四海の一滴
・滄海の一粟
・大海の一粟
・大海の一滴

【英語訳】
・mere fraction
・drop in the bucket

「生まれたての赤ちゃんの手は本当に小さくて、まるで九牛の一毛のようだった」などと、その物自体の見た目が小さいという意味で使うのは、誤りですので注意が必要です。
【スポンサーリンク】

「九牛の一毛」の使い方

健太
聞いてよ!最近僕はこのゲームソフトに嵌っているんだ。
ともこ
今日は随分と上機嫌ね。ゲームソフトってどれも同じなんじゃないの?
健太
世の中にはものすごい数のゲームソフトが発売されているけど、これほどまで僕が気に入ったのは九牛の一毛だよ。
ともこ
ゲームに対する情熱がものすごいわね。ある意味、羨ましいわ。

「九牛の一毛」の例文

  1. 数多くの女性と出会ってきたけれど、君ほど話の合う女性は九牛の一毛だよ。
  2. そんな九牛の一毛のようなことで、いつまでもくよくよ悩んでいるのは良くないと思うよ。
  3. このお肉は、九牛の一毛ほどしか取れない貴重な部位であり、大変高級である。
  4. そこら中を探しまわっても、二人の意見が合致する物件は九牛の一毛ほどしかなかった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事