【風が吹けば桶屋が儲かる】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】
風が吹けば桶屋が儲かる

【読み方】
かぜがふけばおけやがもうかる

【意味】
ある事が起きるとそれが原因となり、巡り巡って全く関係ない所に影響が及ぶ長い長い因果関係を意味しています。
また現代では、論理の飛躍・こじつけを意味することから、当てにならない事を期待する時にも使われます。

【語源・由来】
江戸時代、無跡散人が書いた浮世草子「世間学者気質(かたぎ)」の中の言葉が由来となっています。
ただし、当時は「風が吹けば箱屋が儲かる」という言葉は使われておらず、また「桶屋」ではなく「箱屋」でした。
風で砂埃が立つ→砂埃で失明する人が増える→失明した人は三味線で生計を立てる→三味線が売れるので猫皮がもっと必要になる→猫がたくさん殺される→ネズミが増える→ネズミは桶をかじる→桶が売れるので儲かる、と現代ではこのように説明されます。

江戸時代、目の不自由な人が就く職のひとつに「三味線弾き」がありました。
三味線とは、猫の皮を使った楽器です。
このような江戸時代の文化を知っていないと、意味を理解できないことわざでもありますね。

【類義語】
・大風が吹けば桶屋が喜ぶ
・風が吹けば箱屋が儲かる

類義語ではありませんが、「バタフライエフェクト(バタフライ効果)」という言葉もあります。
ブラジルでの1匹の蝶の羽ばたきが、遠いアメリカの都市にトルネードを起こす原因になる事を否定できないというものです。

【英語訳】
・It’s an ill wind that blows nobody any good.

【スポンサーリンク】

「風が吹けば桶屋が儲かる」の使い方

健太
風が吹けば桶屋が儲かるって説明が長すぎるよね。
ともこ
確かに、現代では他人の屁理屈を指摘する時に使ったりするものね。
健太
どっちにしても聞いててうんざりするほど長い話を聞かされるってことかな。
ともこ
あとは、連想ゲームだと思えば少しは楽しくなるかもね。

「風が吹けば桶屋が儲かる」の例文

  1. 風が吹けば桶屋が儲かるを株の取引に当てはめてみると、風が吹き→家屋が倒壊→新しい家を建てる→建設会社が忙しくなる→関節関係の株価が上昇、というイメージになる。
  2.  株取引で大きな利益を上げるには、風が吹けば桶屋が儲かるのことわざ通り、先を見越す必要がある。例えば、中国で一人っ子政策が廃止された時などは、日本の粉ミルクや紙おむつを製造する企業の株価が上昇した。
  3.  風が吹けば桶屋が儲かるという循環型のビジネスチャンスを掴もうと思ったら、風が吹くのを待つだけでなく、自分から動いて風を起こすという方法もある。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事