【目を覆う】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
目を覆う

【読み方】
めをおおう

【意味】
直視することができなくて目をふさぐ。また、直視するのを避ける。


「目を覆う」の使い方

ともこ
昨日の地震の被害をニュースで見たんだけど、とても大きかったようね。
健太
そうだね。目を覆いたくなるような惨状だったね。
ともこ
でも、被災地に居ない私たちこそ目を覆っていてはいけないのよ。ちゃんと直視して、困っている人の手助けをしないといけないわ。
健太
そうだね。何かできることがないか調べてみよう。

「目を覆う」の例文

  1. 彼の創り出す作品のレベルの低さは、目を覆うようなものだった。
  2. テロがあったその国は、とても美しい国だったのに、今では目を覆いたくなるような惨状で、見る影も無かった。
  3. 難民キャンプの惨状は、ニュースで聞いていたものよりとてもひどいもので、目を覆いたくなった。
  4. その日、公園で発見された刺殺体は、法医学者たちでさえ目を覆いたくなるくらいに、異様な刺され方をしていたそうだ。
  5. 足のかかとが痛かったので、靴擦れになってしまったかと靴下を脱いでみてみたら、目を覆いたくなるような、思ったよりもひどい傷口だった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事