【耳を傾ける】の意味と使い方(慣用句)

【慣用句】
耳を傾ける

【読み方】
みみをかたむける

【意味】
一生懸命に注意して聞こうとする。

【スポンサーリンク】

「耳を傾ける」の使い方

ともこ
ねぇ、健太くん。ちょっと耳を傾けてみて。
健太
わぁ、虫の鳴き声がすごい聞こえてくるね。秋の夜だね。

<例文>

  1. 尊敬している人の話に耳を傾ける
  2. 鳥のさえずりに耳を傾ける
  3. 母親に「もっと人の話に耳を傾けなさい」と怒られた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪