【耳が痛い】の意味と使い方(慣用句)

【慣用句】
耳が痛い

【読み方】
みみがいたい

【意味】
自分のあやまちや弱みをついていて、聞くことがつらいという意味。


「耳が痛い」の使い方

ともこ
健太くん、何度も言うけど本当にちゃんと勉強しないと将来苦労するわよ。
健太
う、、、、その言葉は耳が痛いよ。

<例文>

  1. 両親の言うことは耳が痛いけど、素直に聞いてみよう。
  2. 会社の上司の嫌味は耳が痛い
  3. 耳が痛いセリフをいう人ほど本当はあなたのことを思っているのよ。
  4. 自分より年下の人に諭されてしまい耳が痛い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事