【根を下ろす】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
根を下ろす

【読み方】
ねをおろす

【意味】
新しい物事が世の中に定着する。不動の位置を占める。


「根を下ろす」の使い方

健太
英語の先生のアシスタントとして学校に来ていたジェシー先生が、日本人の男性と結婚して、日本に根を下ろすことにしたんだって。
ともこ
へえ。そうなの。ジェシー先生は納豆とごはんが大好きって言っていたものね。
健太
先生の前世は、日本人だったのかもね。
ともこ
きっとそうね。

「根を下ろす」の例文

  1. この国に民主主義が根を下ろすまでにはまだまだ時間がかかるだろうから、これからも君の力が必要なんだ。
  2. ミシュランはフランス資本でありながら、完全に米国に根を下ろしているが、不思議とシェアがいくら高くても米国では反発が出ないのだった。
  3. 彼らの活動は努力の甲斐あって、すっかり地域に根を下ろしたのだった。
  4. 彼は、東京のテレビではスポンサーのご意向に逆らえず、好きなことが自由にできないということで、大阪に根を下ろす決意を固めたのだった。
  5. 彼女は、結婚した当初は、相手の家庭になじめず、辛そうだったが、子供ができたことで根を下ろしたようだった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事