【思う壷】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
思う壺

【読み方】
おもうつぼ

【意味】
期待したとおりになること。

【語源・由来】
「壺」は、博打でさいころを振る壺。さいころの目が期待した通りになるという意味から。

【類義語】
壺にはまる(つぼにはまる)
思う壺にはまる(おもうつぼにはまる)

【スポンサーリンク】

「思う壺」の使い方

健太
ともこちゃん。今日の食事のお会計の時に、次回割引クーポンをもらったよ。パフェが無料になるんだって。また来ないといけないね。
ともこ
そうね。でも、それこそお店側の思う壺よね。
健太
それもそうだね。じゃあ、パフェを食べるのをあきらめて、行くのをやめようか。
ともこ
ええー。思う壺と分かっていても、私は、パフェを食べたいわ。

「思う壺」の例文

  1. 私は、彼の言葉に思わず微笑したのだが、たぶんそれは、彼の思う壺なのだろうと思った。
  2. 私が、彼らの意地悪に屈してここで泣いたら、彼らの思う壺なので、泣くのを必死でこらえたのだった。
  3. 捜査の結果は、検察側の思う壺になったようで悔しかった。
  4. 私がそれを言い出したのは、彼女の思う壺だったらしいのです。
  5. 私がここで手を挙げたら、先生の思う壺だから、絶対に手を挙げない。
  6. 犯人の思う壺になって、私たちは、死亡推定時刻を見誤り、捜査は迷宮入りしそうになったのだった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事