【頭が低い】の意味と使い方(慣用句)

【慣用句】
頭が低い

【読み方】
あたまがひくい

【意味】
誰に対しても威張ったりせず、丁寧な様子。

【類義語】
腰が低い


「頭が低い」の使い方

健太
あの人は、すごい社長さんなのに、本当にいつも丁寧だよね。
ともこ
そうね。決して威張ったりせず、本当に頭が低い社長さんね。そういう人が成功するのね。

<例文>

  1. 隣のおじさんは、小学生の私にも丁寧に挨拶をなさる頭が低いです。
  2. あれだけ大成功しているスポーツ選手なのに、しっかりとファンサービスをして頭が低いだ。
  3. 威張ったりする人よりも、頭が低いの方が人間的に尊敬できるね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事