【頭を捻る】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
頭を捻る

【読み方】
あたまをひねる

【意味】
いい知恵を出そうと、色々工夫し一生懸命考えるという意味。

【類義語】
頭をしぼる


「頭を捻る」の使い方

健太
この問題は難しすぎて、いくら頭を捻ってもできそうにないよ。
ともこ
健太君なら大丈夫よ。頑張って!
健太
ともこちゃんに応援してもらうなら頑張らなきゃね!

<例文>

  1. 僕がいくら頭を捻ったところで、このパズルはとけないよ。
  2. どうやったら、今から勉強して東大に合格できるか頭を捻る
  3. 手品のネタを見破ろうと頭を捻る
  4. ジャングルから脱出するために頭を捻る
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事