「ことわざ・慣用句」のLINEスタンプ発売中♪

【馬が合う】の意味と使い方や例文(語源由来)

馬が合う

「馬が合う」の意味とは?

意味

【慣用句】
馬が合う

【読み方】
うまがあう

【意味】
気持がよく合い、行動を共にしやすい。相性が良い。

ことわざ博士
「馬が合う」っていう言葉は、あなたと友だちがすごく仲良しってことを表してるんだよ。
助手ねこ
一緒にいて楽しくて、同じことを考えたり、一緒に動いたりするのが自然な感じ、それが「馬が合う」ってことだよ。
【スポンサーリンク】

「馬が合う」の語源由来

【語源由来】
乗馬のとき、馬と騎手(乗り手)の気持ちがぴったり合えば、うまく乗りこなすことができることから。

由来を簡単に説明!
解説

「馬が合う」っていう言葉、実は乗馬から来ているんだよ。馬は賢くて敏感な生き物で、騎手が信じられる人かどうかを感じ取ることができるんだ。だから、騎手と馬がお互いを信じて一緒に動かないと、馬は全力を出せないし、騎手は落馬する危険もあるんだよ。

でも、騎手と馬がしっかりと心と呼吸を合わせることができたら、すごいパフォーマンスが出せるんだよ。つまり、適度な信頼と依存が必要で、ちょうどいいバランスで心が合うことが大切なんだ。

それから、この言葉は「馬が合う」っていう表現に変わって、考え方や感じ方が一致することを示すようになったんだよ。だから、今では友だちや同僚などとの関係で使われることが多いんだよ。

「馬が合う」の使い方

ともこ
健太くんと康太くんは性格が真逆なのに、不思議と馬が合っているわね。
健太
そうなんだよ。僕も最初は馬が合わないと思ったんだけどね。康太は空手を見ることが好きで、僕は空手をやることが好きだから馬が合ったんだよね。
ともこ
なるほど。康太くんは学校一の頭脳派だから、アドバイスをもらったりしているの?
健太
そうなんだ。彼はおもしろいし、すごいよ。勉強のアドバイスももらっているから、次のテストが楽しみなんだよー。

「馬が合う」の例文

例文
  1. 自分は年上の男性の方が馬が合うと気づいた。
  2. ともこちゃと、健太くんは馬が合うようで、いつも一緒にいるところを見かけた。
  3. 最初は性格の相違で馬が合わないんじゃないかと心配した。
  4. 三人はバラならな正確なのに、妙に馬が合うようで、いつも一緒に飲みに行っている。
  5. ぼくとと幼なじみの鈴木くんは馬が合うので、いつも一緒に遊んでいる。

【注意!】間違った例文

❌「このギターはぼくと馬が合うので、とてもひきやすい。」

この使い方は間違い。「馬が合う」は、人と物の関係には使わない。

【2023年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪