【馬が合う】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
馬が合う

【読み方】
うまがあう

【意味】
相手と気持ちが通じ合う。

【スポンサーリンク】

「馬が合う」の使い方

ともこ
健太くんと康太くんは性格が真逆なのに、不思議と馬が合っているわね。
健太
そうなんだよ。僕も最初は馬が合わないと思ったんだけどね。康太は空手を見ることが好きで、僕は空手をやることが好きだから馬が合ったんだよね。
ともこ
なるほど。康太くんは学校一の頭脳派だから、アドバイスをもらったりしているの?
健太
そうなんだ。彼はおもしろいし、すごいよ。勉強のアドバイスももらっているから、次のテストが楽しみなんだよー。

「馬が合う」の例文

  1. 二人は馬が合うようで、いつもじゃれあうように遊んでいる。
  2. 自分は年上の男性の方が馬が合うと気づいた。
  3. ともこちゃと、健太くんは馬が合うようで、いつも一緒にいるところを見かけた。
  4. 最初は性格の相違で馬が合わないんじゃないかと心配した。
  5. 三人はバラならな正確なのに、妙に馬が合うようで、いつも一緒に飲みに行っている。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事