CATEGORY 「ろ」で始まることわざ

「ろ」で始まることわざ

【ロバが旅に出たところで馬になって帰ってくるわけではない】の意味と使い方の例文(語源由来・英語訳)

【ことわざ】 ロバが旅に出たところで馬になって帰ってくるわけではない 【読み方】 ろばがたびにでたところでうまになってかえってくるわけではない 【意味】 ロバのように、知識のない者や利口ではない者が旅に出ても、出発前と同…

「ろ」で始まることわざ

【驢事未だ去らざるに馬事到来す】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 驢事未だ去らざるに馬事到来す 【読み方】 ろじいまださらざるにばじとうらいす 【意味】 「驢」はロバの意味。一つのことが終わらないうちに、別のことが起きることのたとえ。 【語源・由来】 「五灯会元」より。ロ…

「ろ」で始まることわざ

【隴を得て蜀を望む】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 隴を得て蜀を望む 【読み方】 ろうをえてしょくをのぞむ 【意味】 「隴」とは、中国甘粛省南東部の地名。「蜀」とは、現在の四川省の地域のこと。一つの望みを達すると、さらに次の望みがわいてくる。人間の欲望に限り…

「ろ」で始まることわざ

【論より証拠】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語)

【ことわざ】 論より証拠 【読み方】 ろんよりしょうこ 【意味】 物事は議論よりも、証拠によって明らかになるということ。 また、具体的な事実にものをいわせるのは、説得への第一歩であるということ。 【語源・由来】 『江戸い…

「ろ」で始まることわざ

【論語読みの論語知らず】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 論語読みの論語知らず 【読み方】 ろんごよみのろんごしらず 【意味】 書物の内容は理解できても、実行がともなわないこと。 また、そうした人を皮肉ったたとえ。 【語源・由来】 『論語序説(朱子)』の中での程子…

「ろ」で始まることわざ

【六十の手習い】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 六十の手習い 【読み方】 ろくじゅうのてならい 【意味】 年をとってから、学問や習い事を始めること。または、畑違いの仕事を始めるということ。 【類義語】 ・老いの学問 ・白首窮経 【対義語】 ・年寄りの冷水…

「ろ」で始まることわざ

【ローマは一日にして成らず】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 ローマは一日にして成らず 【読み方】 ろーまはいちにちにしてならず 【意味】 大事業というものは、一朝一夕に成しとげられるものではないという意味。 【語源・由来】 日本ではこの言葉はよく知られ、『ドン・キホ…

「ろ」で始まることわざ

【労多くして功少なし】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 労多くして功少なし 【読み方】 ろうおおくしてこうすくなし 【意味】 苦労したわりには、たいしてむくいられず、がっかりしてしまうということ。 【語源・由来】 『荘子(荘子の著書とされる道家の文献)・天運』よ…