【命あっての物種】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
命あっての物種

【読み方】
いのちあってのものだね

【意味】
どんな物事も、命があるからできる。
命にかかわるような、危険なことはできるだけ避けたほうがよいというたとえ。
命があるからなんでもできるが、死んでしまってはなにもできないから、命は大切にしなければならないということ。

【語源・由来】
「物種(ものだね)」とは、物事の根源という意味。
命という根源がなければ、なにもできないということが由来。

「物種(ものだね)」を、「物だね」(だ=助動詞、ね=助動詞)として使うのは誤り。
「命あっての物だね~。」と使うのは誤り。

【類義語】
・命は物種(いのちのものだね)
・命のかけがえはない(いのちのかけがえはない)
・命あってのこと(いのちあってのこと)

【英語訳】
While there is life,there is hope.


「命あっての物種」の使い方

健太
ぼくはお父さんに伝えたいことがあるんだ。
ともこ
なにを伝えたいの?
健太
健康でいて欲しいから、お酒は控えてと伝えたいんだ。
ともこ
そうね。命あっての物種ですものね。

「命あっての物種」の例文

  1. 命あっての物種だから、ここは慎重に進もうと声をかけた。
  2. 暴飲暴食をくり返していると健康を損ねてしまうよ。命あっての物種なのだから、健康には気をつけよう。
  3. 命あっての物種だ。臆病者と言われても今は逃げなくてはならない。
  4. 君にどれほど頼まれても、初心者の僕が世界最高峰への登山なんてしないよ。命あっての物種だよ。
  5. 祖母はいつも、命あっての物種なのだからと私の心配をしてくれている。
「命があるうちに」という意味で使うのは誤り。
「命あっての物種だから、元気なうちに遺言を書いておこう。」などと使うのは誤り。

まとめ

新しいことに挑戦するときには、危険がついて回ることもあるのではないでしょうか。
しかし、命あっての物種というように、命がなければ挑戦することも成功することもできません。
また、日常の生活の中でも健康に気をつけて、命を大切に日々を過ごしたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事