【馬を牛と言う】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】

馬を牛と言う

【読み方】

うまをうしという

【意味】

権力などを利用して、自分の主張を無理に押し通す事。また、人の心の中を推測する事。

【語源・由来】

馬と牛は明らかに違うものであるのにも関わらず、馬を牛だと言い切って、自分の主張を無理やり押し通す事から。
『雑話集』より、心中を察する意味は「孔子が弟子たちと歩いていたときに垣根から馬が頭を出し、孔子はそれを牛だ」言ったところ、弟子の顔回は誰よりも早く午(十二支のうま)の字は、頭を出すと牛になると悟った。」という記述から。

「ウマ」というと日本では、「馬」と「午」という漢字が思い浮かびます。この2つの漢字には違いがあります。「馬」は象形文字で、馬のたてがみと足を示しています。一方、「午」は干支からきています。本来は干支とは年・月・時刻・方位等を表す為に使われていましたが、庶民にも分かりやすいように身近な動物に結びつけて覚えたのが始まりとされています。「午」は「忤(さからう)」という言葉から来ており、「上昇する陰と下退する陽が抵触する点」を表しています。「絶頂を極めきったところ」ということですので、現代でも「正午」とは一番日が高くなる12時を指しています。

【類義語】
・鷺を烏と言いくるめる
・鹿を指して馬と為す
・白を黒という
・雪を墨


「馬を牛と言う」の使い方

健太
今日は◯◯先生、随分と機嫌が悪いみたいだね。
ともこ
そうだね、一体何があったんだろう。出来ればあまり関わりたくないね。
健太
あの先生は馬を牛と言うところがあるからね。授業中、意に反する事を言わないように気をつけないと。
ともこ
本当にね、早く機嫌が戻ってくれるといいんだけど。

「馬を牛と言う」の例文

  1. 社長があまりにも高圧的に話すもんだから、思わず僕も馬を牛と言うしかなかったよ。
  2. やつは馬を牛と言うタイプだから、一緒に出かけてもワガママばかりで苦労するよ。
  3. 人は権力を持つと、馬を牛と言うタイプに変貌してしまうものだよ。彼も昔は柔軟なタイプだったんだけどね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事