【過ぎたるは猶及ばざるが如し】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】
過ぎたるは猶及ばざるが如し

【読み方】
すぎたるはなおおよばざるがごとし

【意味】
物事をやりすぎることは、足りないことと同じようによくない。過不足なく、ほどほどがちょうどいいというたとえ。

【語源・由来】
孔子が二人の弟子である子貢(しこう)が、同じ弟子である、子張(しちょう)・師と、子夏(しか)・商のどちらが優れているか孔子に尋ねた時に、
「師はほどよさを越えているし、商は少し及ばない。過ぎているのは及ばないのと同じであり、どちらもほどよさがなくてよくない」
と言ったとされる。
故事(論語・先進)が由来。

【類義語】
・寵愛昂じて尼になす(ちょうあいこうじてあまになす)
・一つ余って大津へ戻る(ひとつあまっておおつへもどる)
・分別過ぐれば愚に返る(ふんべつすぐればぐにかえる)
・薬も過ぎれば毒となる(くすりもすぎればどくとなる)
・彩ずる仏の鼻を欠く(さいずるほとけのはなをかく)

【英語訳】
Too much is as bad as too little.
Overdone is worse than undone.

【スポンサーリンク】

「過ぎたるは猶及ばざるが如し」の使い方

健太
ともこちゃん、今帰るの?
ともこ
あら、健太くん。
まだ練習していたの?
健太
うん。サッカーの大会が近いから、練習しないと不安だったんだ。
ともこ
不安なのはわかるけれど、過ぎたるは及ばざるが如しで、いつもの練習で大丈夫よ。

「過ぎたるは猶及ばざるが如し」の例文

  1. 健康にいいからといって、体を壊すまで運動をしては、過ぎたるは猶及ばざるが如しだ。
  2. 勉強もほどほどにしておきなさい。過ぎたるは猶及ばざるが如しと父に言われた。
  3. 母は祖母に、あまり叱りすぎるのは良くない。過ぎたるは猶及ばざるが如しよ。と注意されていた。
  4. 非は相手にあるけれど、過ぎたるは猶及ばざるが如しというから、あまり追い詰めないでおこう。
  5. 兄はレギュラーに選ばれるか不安で、遅くまで練習をしていたけれど、過ぎたるは猶及ばざるが如しと母に言われていた。
過ぎ去ったことには打つ手がないという意味で使うのは誤り。
「過ぎたるは猶及ばざるが如し。今となっては手遅れだ」と使うのは誤り。

まとめ

認められたいと強く思うほど、練習をしすぎてしまったり、良いと思って熱心に取り組んだりしてしまいますが、過ぎたるは猶及ばざるが如しということもあるので、気を付けなければなりませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事