【馬の耳に念仏】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
馬の耳に念仏

【読み方】
うまのみみにねんぶつ

【意味】
いくら人が意見をしても忠告をしても、全く耳を貸さないため、全く効果がない事を意味しています。

【語源・由来】
いくらお坊さんが念仏を唱えても、お経をあげても、説教しても、馬にはその意味やありがたみを理解できないから無駄であるという事が由来です。
「上方いろはかるた」の中の「む」です。
かるたでは「馬(むま)の耳に風」とされます。
意味は「馬の耳に念仏」と同じです。

ありがたい念仏の意味を理解できないという元の意味があるので、目上の人には使えません。
「念仏」とは、仏教の行のひとつで、仏を念じる事です。

【類義語】
・犬に念仏猫に経
・豚に念仏猫に経
・犬に論語
・兎に祭文
・牛に経文
・馬に経文
・馬耳東風
・牛に説法馬に銭
・牛に対して琴を弾ず
・牛に麝香
・馬の耳に風
・馬の目に銭
・蛙の面に水
・猫に石仏
・猫に胡桃をあずける
・猫に小判
・犬に小判
・豚に真珠

【英語訳】
・In one ear and out the other.
・Speaking to the deaf.
・It’s like I’m talking to myself.
・To preach to the wind.
・Giving advice to him is like talking to a brick wall.
・A nod is as good as a wink to a blind horse.

【スポンサーリンク】

「馬の耳に念仏」の使い方

健太
これ欲しいから買っちゃおう。あ、これも欲しいから買っちゃえ!
ともこ
健太君そんなに無駄遣いして大丈夫?まだ今月8日だよ。今日たくさん使ったら、月末までおこづかいがもたないんだから。
健太
え~、だって今欲しいんだもん。今買わなきゃ。
ともこ
まったく、馬の耳に念仏ね。あとで泣いても知らないわよ!

「馬の耳に念仏」の例文

  1. いくら先輩が親身になって忠告しても、馬の耳に念仏で彼を変えることはできないよ。
  2.  今の若い社員に愛社精神を説いても馬の耳に念仏である。
  3.  自由奔放な姉は両親から耳にたこができるほど注意されても馬の耳に念仏で、いつでも好き勝手にやっている。
  4.  田舎者の子供に都会の事情を言って聞かせてもどうせ馬の耳に念仏だろうと諦めているのか、何も注意されなかった。
  5.  あいつにいくら言っても馬の耳に念仏だから無駄だよ、諦めな。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事