CATEGORY 「み」で始まることわざ

「み」で始まることわざ

【味噌を付ける】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 味噌を付ける 【読み方】 みそをつける 【意味】 しくじって面目を失うこと。失敗して恥をかくこと。 【語源・由来】 ・昔は火傷(やけど)の特効薬(とっこうやく)として患部(かんぶ)に味噌を塗ったそうです。何…

「み」で始まることわざ

【身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ 【読み方】 みをすててこそうかぶせもあれ 【意味】 自分の命を捨てる覚悟で、思い切って飛び込むことではじめて、活路を見出し事を成し遂げることができるということ。 【語源・由来】…

「み」で始まることわざ

【実るほど頭の下がる稲穂かな】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 実るほど頭の下がる稲穂かな 【読み方】 みのるほどあたまのさがるいなほかな 【意味】 すぐれた人物ほど、謙虚になるものだというたとえ。 【語源・由来】 稲穂は実が熟すほどに穂先を垂れ、頭を下げることから。 …

「み」で始まることわざ

【水は方円の器に随う】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 水は方円の器に随う 【読み方】 みずはほうえんのうつわにしたがう 【意味】 人は置かれている環境や、つきあっている友人しだいで、良くも悪くもなるというたとえ。 【語源・由来】 「方円(ほうえん)」とは、四角…