【長いものには巻かれろ】の意味と使い方に例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
長いものには巻かれろ

【読み方】
ながいものにはまかれろ

【意味】
目上の者、権力のある者、手に負えないほどの相手とは争わず、反抗的な態度を取らず、おとなしく従ったほうが得策だという意味です。
そのほうがトラブルもなく、自分のために良いからです。

【語源・由来】
由来は諸説ありますが、元となる話は中国の伝説とされます。
ある時、猟をしていた猟師が、象の鼻に巻き上げられてしまいました。
そのまま象に運ばれていると、象と猟師の前に獅子が現れ、獅子は象に襲い掛かります。
すかさず猟師が石弓(古代の武器)を発射して獅子を倒しました。
すると象は再び猟師を鼻で巻き、歩き出します。
ジャングルの奥地まで運ばれた猟師が見たものは、大量の象牙でした。
猟師に助けられた象が、そのお礼として仲間の象が眠る「象の墓場」に連れてきてくれたのです。
猟師はその象牙を売って大儲けをすることができました。

長いものには巻かれろの長いものとは、象の鼻だったのですね。

ただ単に「権力に逆らわない」というだけでなく、「良いことがある」といった意味合いを含んでいるのですね。

「長いもの」を「長い物」と書くのはOKですが、「長い者」と書くのは間違いです。

意味としては「力のある者に従ったほうが自分のためになる」事なので、何ひとつ良いことがない場合には使えません。
また、単に「集団行動をとる」という意味でも使えません。

【類義語】
・長いものには巻かれよ
・太きには呑まれよ
・寄らば大樹の陰
・大勢順応
・付和雷同

【対義語】
鶏口となるも牛後となるなかれ

【英語訳】
If you can’t beat them, join them.
You can’t fight city hall.
It is no medding with our betters

英文の意味も、「打ち負かせられない相手なら仲間になれ」「お役所には勝てない」「目上の人と争えない」などです。
【スポンサーリンク】

「長いものには巻かれろ」の使い方

ともこ
そう言えば健太君のクラスに、新しい国語の先生が来たんだって?
健太
うん。それがさ、すごく厳しい先生で、隣の席の子がちょっと口答えしたらその日ずっと先生に目を付けられてて可哀そうだったよ。
ともこ
え~、それは怖いね。健太君は大丈夫だったの?
健太
僕は平気さ、なんと言っても僕の座右の銘は長いものに巻かれろだからね!

「長いものには巻かれろ」の例文

  1.  出る杭は打たれるって言うだろ、長いものには巻かれるのが一番だよ。
  2.  今まで自分は長いものに巻かれて生きてきたけど、これでいいのだろうか。
  3.  プライドを捨ててまで長いものに巻かれて生きてきたのは、愛する家族を養うためだ。
  4.  入社したての頃は長いものに巻かれて仕事をしてたけど、経験も積んで、人脈もできたし、そろそろ本領を発揮するかな。
  5.  出世するには権力に逆らうより、長いものに巻かれたほうが得策だ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事