【善く泳ぐ者は溺る】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
善く泳ぐ者は溺る

【読み方】
よくおよぐものはおぼる

【意味】
人は自分の得意とすることでは、かえって失敗しやすいという意味。
「游」は「泳」と同じ。「善く游ぐ者は溺れ、善く騎る者は堕つ」と続く。

【語源・由来】
「淮南子」より。普段から上手に泳ぐ人は、油断して溺れて死ぬことがあるという意味から。

【類義語】
・過ちは好む所にあり
・得手に鼻突く
・河童の川流れ
・川立ちは川で果てる
・木登りは木で果てる
・才子才に倒れる
・才子才に躓く
・策士策に溺れる
・長所は短所
・水の達者が水で死ぬ
・山師山で果てる
・山立ちは山で果てる
・善く泳ぐ者は溺れ、善く騎る者は堕つ

【対義後】

【英語訳】
The dog that kills wolves is killed by wolves.
Good swimmers are the oftenest drowned.

「善く泳ぐ者は溺る」の使い方

ともこ
勉強が苦手な健太くんだけど、空手に関しては強いという事は知っているわ。でも油断はだめよ。
健太
善く泳ぐ者は溺るっていうやつでしょう?大丈夫だよ。ちっとも油断していないよ。
ともこ
前回優勝したからって、調子に乗ってはだめよ。
健太
わかっているよ。相手も前回優勝者に勝つっていう意識できているだろうから、こちらも全力で行かないとね。

「善く泳ぐ者は溺る」の例文

  1. 彼は、頭の回転が速いから、いろんな場合に備えていたが、善く泳ぐ者は溺るというように、肝心なところがおろそかになり、失敗した。
  2. 善く泳ぐ者は溺るという言葉があるが、絶対に合格すると言われていた彼女が油断した結果、受験に失敗した。
  3. 善く泳ぐ者は溺るという言葉があるが。彼は優勝候補と期待されていたのに、試合前にスキーに行き骨折して、選手生命すら危うくなった。
  4. 善く泳ぐ者は溺るという言葉があるから、相手が格下のチームであろうとも最後まで手を抜かず勝ってこい。
  5. 善く泳ぐ者は溺るという言葉があるが、泳ぎが得意な彼が遠泳の時間、一番だと思われていたが、海を甘く見過ぎていたようで足がつって溺れることとなった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事