【堪忍袋の緒が切れる】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
堪忍袋の緒が切れる

【読み方】
かんにんぶくろのおがきれる

【意味】
じっと我慢していたことが、抑えきれなくなって怒りが爆発すること。
我慢のできる範囲までは、我慢したという意味を含む。
怒りの原因がある程度続いてきた状態のときに使う。

【語源・由来】
「堪忍袋(かんにんぶくろ)」とは、我慢のできる心の広さを袋にたとえたもの。

【類義語】
・仏の顔も三度まで(ほとけのかおもさんどまで)

【英語訳】
Patience provoked turns to fury.

「こらえ袋の緒が切れた」ともいう。
【スポンサーリンク】

「堪忍袋の緒が切れる」の使い方

健太
あいつは、何度話しても自分勝手なプレーしかしないんだ。
ともこ
今日の練習にも参加してなかったみたいね。
健太
いい加減、考え直してくれないと、一緒にはやっていけないよ!
ともこ
健太くんたちも、とうとう堪忍袋の緒が切れてしまったのね。

「堪忍袋の緒が切れる」の例文

  1. 長年の友人だからといっても、彼女の図々しさには、いい加減堪忍袋の緒が切れた
  2. 彼は毎日うちでご飯を食べては、味や量に文句を言う。もう堪忍袋の緒が切れそうだ。
  3. 何度注意しても、家の敷地に勝手に入り込んで遊ぶ子供たちに、いい加減堪忍袋の緒が切れた
  4. 母は平気で私の服を着るけれど、すぐに汚してしまう。しかしいつも謝らないことに、堪忍袋の緒が切れた
すぐキレることや、突発的な怒り、またはその場限りのトラブルのことで使うのは、本来の使い方とは異なる場合がある。
「道ですれ違いざまに肩が触れ合い、腹が立って堪忍袋の緒が切れた。」と使うのは注意が必要。

まとめ

堪忍袋の緒が切れてしまうほど、怒ることは嫌なことですね。
また、相手のことを怒らせてしまわないように、気を付けなければなりませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事