【目もくれない】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
目もくれない

【読み方】
めもくれない

【意味】
見向きもしないし、気にもしないという意味。


「目もくれない」の使い方

ともこ
健太くん、何してるの〜?
健太
・・・
ともこ
だめだ、ゲームに夢中で、私には目もくれない

<例文>

  1. 仕事以外のことには目もくれない
  2. さっきから目もくれないで一体何をしてるの?
  3. 受験勉強中は、他のことに目もくれずに勉強だけに集中しなさい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事