【目を疑う】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
目を疑う

【読み方】
めをうたがう

【意味】
見たことがあまりにも思いがけないことなので、本当のことだとは信じられない気持ちになるという意味。


「目を疑う」の使い方

ともこ
健太くん、何その変な服は?びっくりして自分の目を疑ったよ。
健太
インド人の友達からもらったんだよ。やっぱり変かな(笑)

<例文>

  1. いなくなった飼い犬が1年ぶりに帰ってきたので、僕は自分の目を疑った
  2. UFOがあらわれて目を疑った
  3. 生き別れの母親を見つけて目を疑う
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事