「ことわざ・慣用句」のLINEスタンプ発売中♪

【少年に学ばざれば老後に知らず】の意味と使い方や例文(類義語)

少年に学ばざれば老後に知らず

「少年に学ばざれば老後に知らず」の意味(類義語)

意味

【ことわざ】
少年に学ばざれば老後に知らず

【読み方】
しょうねんにまなばざればろうごにしらず

【意味】
若いころに勉強に励まないと、年老いてから無知で苦労するということ。

ことわざ博士
「少年に学ばざれば老後に知らず」ということわざは、若いうちにしっかりと学んで知識を身につけておかないと、年を取った時に知識がなくて苦労するという意味を持っているんだよ。
助手ねこ
へー、そういうことかいな。つまり、「若いときにちゃんと勉強せんと、おじいちゃんおばあちゃんになってから困る」ってことやな。若いうちに学ぶチャンスをしっかりと掴んで、いろんなことを学んでおかなあかんってことや。

歳をとってから「あのとき勉強しとけばよかった」と後悔せんように、若いうちから勉強することの大切さを教えてくれてる言葉やな。

【類義語】
・少年老い易く学成り難し
・少壮にして努力せずんば老大にしてすなわち傷悲せん

【スポンサーリンク】

「少年に学ばざれば老後に知らず」の解説

カンタン!解説
解説

「少年に学ばざれば老後に知らず」ということわざは、若い時にしっかり勉強しておかないと、年を取った時に物事を理解するのが難しくなり、困難に直面することが多いという意味なんだ。

このことわざは、人生の早い段階で知識を身につけることの重要性を教えているんだね。若い時は学ぶ力が強く、新しいことを学ぶのに最適な時期だから、この機会を利用していろいろなことを学んでおくと、将来、知識が豊かな人生を送ることができるってことを伝えているんだよ。

つまり、若いうちに勉強しておくことは、老後の人生を豊かにし、困難を乗り越える力になるっていうことだね。

「少年に学ばざれば老後に知らず」の使い方

ともこ
健太くん。また勉強をさぼっているの?
健太
子供は遊ぶことが仕事だからね。
ともこ
少年に学ばざれば老後に知らずっていうわよ。ただでさえ老害って馬鹿にされるのに、無知だともっと馬鹿にされるわよ。
健太
それは嫌だな。
【スポンサーリンク】

「少年に学ばざれば老後に知らず」の例文

例文
  1. 無知な子供は許されるが、無知な大人は許されない。少年に学ばざれば老後に知らずというので必死に勉強する。
  2. 老後はのんびり平和に過ごしたいので、懸念事項を残したくない。少年に学ばざれば老後に知らずというから必死に学ぶ。
  3. 年寄りになってから尊敬されたいなら今勉強しないと、少年に学ばざれば老後に知らずとなる。
  4. 少年に学ばざれば老後に知らずというように、若いころ勉強しなかったばっかりにかわいい孫から「お馬鹿さんだね」と言われた。
  5. 若いうちは先のことは考えられないかもしれないが、老婆心ながら言わせてもらえば少年に学ばざれば老後に知らずとなり赤っ恥をかきますよ。

【2023年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪