【地獄耳】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
地獄耳

【読み方】
じごくみみ

【意味】
①一度聞いたら忘れないこと。
②他人の秘密などをすばやく聞き込む耳のこと。

【語源・由来】
①の由来・・・地獄は、一度落ちると抜けられないことから。
②の由来・・・地獄にいる閻魔大王には、隠し事などできないことから。


「地獄耳」の使い方

健太
ともこちゃんのお父さんが、市長選に立候補するんだって?
ともこ
あらあら、健太くんは地獄耳ね。どこからそのこと聞いてきたの?まだ正式発表していないわよ。
健太
あはは。すごいでしょう?僕には隠し事はできないのだ。
ともこ
どうせ、顔の広い、健太くんのおじいちゃんから聞いたんでしょう。

「地獄耳」の例文

  1. 私が彼に、そんなことを何処から聞いたのかときくと、僕の耳は地獄耳ですからと言って笑った。
  2. 彼は、今日は、地獄耳の記者たちが大勢来ていることを思い出し、あわてて声を低くした。
  3. 近所の地獄耳のおばさんに聞いても、あの事件については別に何の噂もないといっていた。
  4. 警察は超能力者ではないが、ハイテク機器を駆使して、千里眼であり、地獄耳でもある犯罪捜査のプロだ。
  5. その町の銭湯の番頭さんは、お風呂の中の会話を一日中聞いているので、地獄耳である。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事