【思えば思わるる】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
思えば思わるる

【読み方】
おもえばおもわるる

【意味】
こちらが、相手に対して好きな思いを持ち続けると、相手もこちらを好ましく思うようになるということ。

【語源・由来】
カスミソウの花言葉に思えば思わるるというものがあります。語源・由来は明らかではありませんが、英語のサイトには多くの解説記事がありあます。キリスト教の教えが語源かもしれません。

【類義語】

【対義語】

【英語訳】
Love is one’s reward. と Love and beloved. いう英語訳の例があります。

「思えば思わるる」の使い方

ともこ
健太君。気が付かない。
健太
何を?
ともこ
思えば思わるるって。
健太
思ったら思うの?何それ。

「思えば思わるる」の例文

  1. 最近彼がよく話しかけてくるのは、思えば思わるるのいい例だと思います。
  2. どんなに嫌な人でも、こちらが好意を持ち続ければ、いつかは思えば思わるることになって仲良くなれるものです。
  3. 人も会社の関係も同じように思えば思わるること大切ですので、まずは我が社が一歩譲って相手を盛り立てていきましょう。
  4. 思えば思わるることを実感することができました。

まとめ

イラク戦争以降、大きな戦争は起こっていません。しかしながら、世界中を見渡せば無実の市民を対象とした悲惨なテロ活動が一時期の規模からすれば小さくなっているものの、未だに継続しています。どこにも安全なところがないような環境です。イスラム原理主義者が悪者になっています。イスラム教が悪いのではないことは理解していますが、イスラム教やムスリム(信者)を悪く見る人もいます。思わなければ相手も思わないような悪循環に陥(おちい)ることが最悪です。今こそ思えば思わるるの精神で忍耐強くお互いを理解することに努力することが大切なのでしょう。また、原理主義者に利用されている若者の多くが無職であることを考えれば、宗教を越えて誰でも安全に働く環境を作り出すことを思えば思ってくれると考えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事