【美女は命を断つ斧】の意味と使い方の例文(類義語)

【ことわざ】
美女は命を断つ斧

【読み方】
びじょはいのちをたつおの

【意味】
美女の色香に溺れると、不摂生を招いて寿命を縮めたり身を滅ぼしたりすることになるので、美女は男の寿命を縮め、身を滅ぼす恐ろしい凶器であるということ。

【類義語】
・伐性の斧
・性を伐る斧

【スポンサーリンク】

「美女は命を断つ斧」の使い方

健太
いいなあ。あの人はあんなにかわいい彼女を連れて歩いているよ。
ともこ
美女は命を断つ斧っていうわよ。美女はやめた方がいいんじゃないの。
健太
美女に命を絶たれるなら本望だよ。
ともこ
命を絶たれる前に、美女と付き合う可能性が断たれているけどね。

「美女は命を断つ斧」の例文

  1. 美人と結婚したおじさんは、美女は命を断つ斧というように、若くして亡くなりました。
  2. 美しい物にはとげがあるとか、美女は命を断つ斧とか、美しい人と付き合うには覚悟が必要だよね。
  3. 美女は命を断つ斧というから、高嶺の花はやめて普通の人と付き合いなよ。
  4. ともこちゃんと付き合った男性はみな体調を崩すといわれているけれども、美女は命を断つ斧ってやつかな。
  5. 美女は命を断つ斧といわれようとも、一生に一度は女優と付き合いたい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事