CATEGORY 「へ」で始まることわざ

「へ」で始まることわざ

【蛇が蚊を呑んだよう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
 蛇が蚊を呑んだよう 【読み方】
 へびがかをのんだよう 【意味】
 少しも感じないで、けろりとしている事。また、物足りない様子だという事。あまりに少量で,腹の足しにならない事。 【語源・由来】
 蛇が蚊を…

「へ」で始まることわざ

【蛇が蛙を呑んだよう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
 蛇が蛙を呑んだよう 【読み方】
 へびがかえるをのんだよう 【意味】
 細長い物の途中がふくれあがって、格好が悪い事 【語源・由来】
 蛇が蛙をのみ込むと胴体の一部がふくらむが、そのように細長い物の途中が…

「へ」で始まることわざ

【下手の横好き】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
 下手の横好き 【読み方】
 へたのよこずき 【意味】
 下手なくせに、その物事が好きで熱心である事。 【語源・由来】
 「横好き」とは、上手でもないのにむやみに好むという事から。 【類義語】 ・下手の馬鹿…

「へ」で始まることわざ

【下手の長談義】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
 下手の長談義 【読み方】
 へたのながだんぎ 【意味】
 話の下手な人ほど、だらだらと長話をするという事。 また、話の下手な人ほど、興味のない話を長々として相手をうんざりさせるという事。 【語源・由来】
…

「へ」で始まることわざ

【下手の考え休むに似たり】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
 下手の考え休むに似たり 【読み方】
 へたのかんがえやすむににたり 【意味】
 よい考えも浮かばないのに長く考え込むのは何の役にも立たず、時間の無駄だという事。 【語源・由来】
 囲碁や将棋において、下手…

「へ」で始まることわざ

【下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
 下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる 【読み方】
 へたなてっぽうもかずうちゃあたる 【意味】
 一つがだめでも、たくさんやってみれば中にはまぐれ当たりもあるという事。 【語源・由来】
 回数が多ければ多いほど、当…

「へ」で始まることわざ

【下手があるので上手が知れる】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
 下手があるので上手が知れる 【読み方】
 へたがあるのでじょうずがしれる 【意味】
 下手な人がいるからこそ、上手な人の存在が目立つという事。 【語源・由来】
 世の中に上手な人しかいなければ、上手なのが…

「へ」で始まることわざ

【兵は神速を尊ぶ】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】
 兵は神速を尊ぶ 【読み方】
 へいはしんそくをたっとぶ 【意味】
 戦争は一瞬の遅れが運命を左右するものだから、速く攻撃することが最も重要であるという事。 戦いは迅速果敢に軍隊を動かすことが何よりも大事で…

「へ」で始まることわざ

【ペンは剣よりも強し】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 ペンは剣よりも強し 【読み方】 ぺんはけんよりもつよし 【意味】 文章によって表される思想などは、世論を動かすことができるので、武力よりも強い力を持っているということ。 【語源・由来】 十九世紀イギリスの政…

「へ」で始まることわざ

【弁慶の泣き所】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 弁慶の泣き所 【読み方】 べんけいのなきどころ 【意味】 むこうずねのこと。 また、強い者の唯一の弱点や急所のこと。 【語源・由来】 豪傑な武蔵坊弁慶(むさしぼうべんけい)のような者でも、蹴られると痛がって…

「へ」で始まることわざ

【弁慶の立ち往生】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 弁慶の立ち往生 【読み方】 べんけいのたちおうじょう 【意味】 進むことも、退くこともできないということのたとえ。 【語源・由来】 「弁慶(べんけい)」とは、源義経(みなもとのよしつね)の家来であった、武蔵…

「へ」で始まることわざ

【屁を放って尻窄める】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 屁を放って尻窄める 【読み方】 へをひってしりすぼめる 【意味】 失敗をしたあとで、取りつくろったり、誤魔化そうとしたりすることのたとえ。 【語源・由来】 「江戸いろはかるた」のひとつ。 人前でおならをして…

「へ」で始まることわざ

【蛇を描きて足を添う】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 蛇を描きて足を添う 【読み方】 へびをえがきてあしをそう 【意味】 よけいなつけ足しのこと。 また、なくてもよい無駄なもののこと。 しなくてもいいこと。 【語源・由来】 「戦国策・斉」より出典。 中国の楚(…

「へ」で始まることわざ

【蛇は竹の筒に入れても真っすぐにならぬ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 蛇は竹の筒に入れても真っすぐにならぬ 【読み方】 へびはたけのつつにいれてもまっすぐにならぬ 【意味】 生まれつき根性が曲がっている者は、真っすぐに直すことはむずかしいということ。 【語源・由来】 真っすぐ…

「へ」で始まることわざ

【蛇の生殺しは人を噛む】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 蛇の生殺しは人を噛む 【読み方】 へびのなまごろしはひとをかむ 【意味】 痛めつけたまま、半死半生のままにしておいたことで、怨みを受けて害を招くということ。 災いの根源を完全に取り除かなかったことで、身に害…