CATEGORY 「へ」で始まることわざ

「へ」で始まることわざ

【蛇が蚊を呑んだよう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
 蛇が蚊を呑んだよう 【読み方】
 へびがかをのんだよう 【意味】
 少しも感じないで、けろりとしている事。また、物足りない様子だという事。あまりに少量で,腹の足しにならない事。 【語源・由来】
 蛇が蚊を…

「へ」で始まることわざ

【蛇が蛙を呑んだよう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
 蛇が蛙を呑んだよう 【読み方】
 へびがかえるをのんだよう 【意味】
 細長い物の途中がふくれあがって、格好が悪い事 【語源・由来】
 蛇が蛙をのみ込むと胴体の一部がふくらむが、そのように細長い物の途中が…

「へ」で始まることわざ

【下手の横好き】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
 下手の横好き 【読み方】
 へたのよこずき 【意味】
 下手なくせに、その物事が好きで熱心である事。 【語源・由来】
 「横好き」とは、上手でもないのにむやみに好むという事から。 【類義語】 ・下手の馬鹿…

「へ」で始まることわざ

【下手の長談義】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
 下手の長談義 【読み方】
 へたのながだんぎ 【意味】
 話の下手な人ほど、だらだらと長話をするという事。 また、話の下手な人ほど、興味のない話を長々として相手をうんざりさせるという事。 【語源・由来】
…

「へ」で始まることわざ

【下手の考え休むに似たり】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
 下手の考え休むに似たり 【読み方】
 へたのかんがえやすむににたり 【意味】
 よい考えも浮かばないのに長く考え込むのは何の役にも立たず、時間の無駄だという事。 【語源・由来】
 囲碁や将棋において、下手…

「へ」で始まることわざ

【下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
 下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる 【読み方】
 へたなてっぽうもかずうちゃあたる 【意味】
 一つがだめでも、たくさんやってみれば中にはまぐれ当たりもあるという事。 【語源・由来】
 回数が多ければ多いほど、当…