「ことわざ・慣用句」のLINEスタンプ発売中♪

【人の苦楽は壁一重】の意味と使い方や例文

人の苦楽は壁一重

「人の苦楽は壁一重」の意味

意味

【ことわざ】
人の苦楽は壁一重

【読み方】
ひとのくらくはかべひとえ

【意味】
壁一つ隔てただけで隣の家の様子がわからないように、他人の苦しみや楽しみは、どんなに切実でも他人事で自分とは無関係だということ。

ことわざ博士
「人の苦楽は壁一重」という言葉は、人と人との間には見えない壁があり、それが原因で他人の喜びや苦しみが自分には直接感じられないということを表しているんだ。

つまり、どんなに近くにいても、他人の心の中や実際に経験していることに完全に共感することは難しいという意味があるんだよ。

助手ねこ
なるほど、それは深い話やな。他人の心の中や本当に感じていることって、外から見てるだけじゃなかなかわからんもんやもんな。

たとえ物理的にはすぐそばにいたとしても、心の距離っていうのはまた別の問題やってことやね。他人の喜びや悲しみをもっと理解しようとする心がけが、より良い人間関係を築くためには必要やってことか。

【スポンサーリンク】

「人の苦楽は壁一重」の解説

カンタン!解説
解説

「人の苦楽は壁一重」という言葉は、他人の生活や心情は、たとえ物理的に近くにいても、その本質や真の感情までは簡単には理解できないことを表しているんだ。壁一枚隔てるだけで、隣の家の様子が分からないのと同じように、人の内面や実際に感じていることは、外から見ただけでは把握しにくいという意味が込められているよ。

このことわざは、他人との間には見えない壁が存在し、その壁を超えて他人の真の感情や経験を完全に理解することは難しいという人間関係の複雑さを示しているね。人はそれぞれ異なる背景や経験を持ち、それが各人の感じ方や考え方に大きく影響を及ぼす。だから、他人の苦しみや喜びを表面的に見ただけでは、その全容を理解することはできないんだ。

しかし、この言葉はまた、他人の心情や状況に対して理解を深め、共感を示すことの重要性も暗に教えてくれているよ。他人の「壁」を理解しようと努めることで、より深い人間関係を築くことができる。自分と他人との間の「壁」を認識しつつ、その壁を越えて繋がろうとする心が、人としての成長やコミュニケーションにおいて非常に大切なんだ。

だから、「人の苦楽は壁一重」という言葉は、他人事として距離を置くだけでなく、他人の立場に立って考え、理解しようとする姿勢の大切さをも示唆しているんだよ。

「人の苦楽は壁一重」の使い方

ともこ
ねえ、最近、隣のクラスのユウキくん、元気なさそうだよね。いつも一人でいるし。
健太
ああ、見たことある。でも、人の苦楽は壁一重って言うじゃない?僕たちとユウキくんの間にも、見えない壁があるみたいで、何を考えてるのか、何に困ってるのか、本当はわからないんだよね。
ともこ
そうだね…。でも、その壁を越えて、少しでも彼の気持ちを理解しようとすることが大切なのかもしれないね。話しかけてみるのもいいかもしれない。
健太
うん、それができるのが本当の友だと思う。隣のクラスだけど、ユウキくんに声をかけて、壁を一枚でも多く取り払っていけたらいいよね。
【スポンサーリンク】

「人の苦楽は壁一重」の例文

例文
  1. 新入社員の彼は常に笑顔で仕事をこなしているが、人の苦楽は壁一重とはよく言ったもので、実は彼のプライベートは複雑な悩みで満ちていることを、同僚のほとんどが知らない。
  2. 豪華な住宅街に住む家族が羨ましく見えるかもしれないが、人の苦楽は壁一重で、その裏では経済的なプレッシャーや家族間の不和があるかもしれない。
  3. SNSで見る友人の華やかな旅行写真に焦りを感じることがあるけれど、人の苦楽は壁一重ということを思い出せば、それぞれに苦労や挑戦があることを理解できる。
  4. 社内で常に成績トップのAさんは、仕事ができると周りから尊敬されているが、人の苦楽は壁一重彼女自身はそのプレッシャーに苦しんでいるかもしれない。
  5. 地域のボランティア活動が盛んな隣町は、共同体意識が高いと評価されているが、人の苦楽は壁一重、そうした活動の裏で個人の悩みや対立が隠されている可能性もある。

ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪