【幕を開ける】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
幕を開ける

【読み方】
まくをあける

【意味】
物事が始まる。

【語源・由来】
幕が開いて芝居が始まるという意味から。

【類義語】
幕が開く


「幕を開ける」の使い方

健太
今年も、夏のプールのシーズンが幕を開けたね。
ともこ
健太くんは、去年は真っ黒になっていたわよね。今年もたくさん泳ぎに行くの?
健太
うん。たくさん行くよ。泳ぐと全身の筋肉を使うでしょう。体力をつけて秋の空手の大会までに鍛えるんだ。
ともこ
目標があるのは良いことね。

「幕を開ける」の例文

  1. 舞台ではちょうど「大きなカブ」という人形劇が幕を開けたところであった。
  2. 今回の市長選には、出馬は現職の私だけで無投票当選かと思われたが、ぎりぎりになって対抗馬が出馬を表明し、選挙戦の幕を開けた。
  3. いよいよ待ちに待った大相撲夏場所が幕を開けたので、毎日テレビを見るのが楽しみだ。
  4. 昭和21年に、志摩半島広域が伊勢志摩国立公園に指定され、この頃から観光港としての鳥羽港の歴史が本格的に幕を開ける
  5. 今読んでいる本は、平凡な中学2年生の女の子が主人公で、この子が夏休みに、2人の謎めいた少年と出会う場面で幕を開ける
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事