「ことわざ・慣用句」のLINEスタンプ発売中♪

【人は盗人火は焼亡】の意味と使い方や例文(類義語)

「人は盗人火は焼亡」の意味(類義語)

意味

【ことわざ】
人は盗人火は焼亡

【読み方】
ひとはぬすびとひはじょうもう

「焼亡く」は、「しょうぼう」とも読む。

【意味】
人を見たら盗人と思い、火を見たら火事と思って用心するべきだということ。用心が第一であるということ。

ことわざ博士
「人は盗人火は焼亡」ということわざは、人を見たら盗人を疑い、火を見たら火事を警戒するように、常に警戒心を持って行動すべきだと教えているんだ。

これは、何事に対しても用心深くあるべきだという意味で、予防と警戒が事故やトラブルを未然に防ぐ上で非常に重要であることを示しているんだよ。

助手ねこ
なるほどね、常に警戒心を持っておくことで、思わぬ災害やトラブルから自分を守れるってことやな。ちょっと疑い深いように思えるかもしれんけど、事前に用心しておくことが、実は自分や大切な人を守ることにつながるんやね。

このことわざ、何事も慎重に、用心深くあることの大切さを教えてくれてるわ。まさに「備えあれば憂いなし」やね。

【スポンサーリンク】

「人は盗人火は焼亡」の解説

カンタン!解説
解説

「人は盗人火は焼亡」ということわざは、常に警戒心を持って行動することの重要性を教えているんだ。直訳すると「人を見たら盗人と思い、火を見たら火事と思え」という意味になるけれど、これは文字通りに人を疑うことや、常に最悪の事態を想像することを推奨しているわけではないよ。むしろ、予期せぬ事態に備えて常に注意深く、用心深くあるべきだという教えなんだ。

この言葉は、日々の生活の中で出会う人や物事に対して、適度な警戒心を持つことが、トラブルを避ける上で役立つという考えを示しているんだね。たとえば、見知らぬ人に個人情報を簡単に教えたり、火の取り扱いを軽視したりすることは、盗難や火事といった事故に繋がりかねない。

このことわざは、物事を慎重に考え、行動することの大切さを伝えてくれているよ。用心することで自分や大切な人を守り、平穏な生活を送ることができるってことを教えてくれているんだ。だから、この言葉は私たちに、何ごとにも前もって注意を払い、準備を怠らないようにというメッセージを伝えているんだね。

「人は盗人火は焼亡」の使い方

健太
ねえ、この間、財布を忘れてきちゃってさ。でも誰も手をつけてなかったんだよ。
ともこ
それはラッキーだったね。でも、人は盗人火は焼亡って知ってる?人を見たら盗人と思い、火を見たら火事と思って用心せよって意味だよ。要は、何事にも気をつけないといけないってこと。
健太
なるほど、つまり、財布を忘れるのも良くないし、見つけた時に誰かが持っていってもおかしくないってことか。
ともこ
そうそう、常に注意深くいないとね。
【スポンサーリンク】

「人は盗人火は焼亡」の例文

例文
  1. 新しい街に引っ越してきたばかりで、周りがまだよく分からない時は、人は盗人火は焼亡と心得て、夜遅くに一人で外出するのを避けた方がいい。
  2. ビジネスでは、どんなに信頼できるパートナーであっても、人は盗人火は焼亡の精神で、契約書の内容を細かく確認し、リスク管理を徹底することが大切だ。
  3. インターネット上での情報交換も、人は盗人火は焼亡の考えを持って行動するべきで、個人情報の漏洩には特に注意が必要だ。
  4. 登山に出かける際は、人は盗人火は焼亡という言葉を思い出し、天候の変化や道具の故障など、想定外の事態に備えて十分な準備をしておくべきだ。
  5. 通販サイトでの買い物にも、人は盗人火は焼亡の心構えが求められる。商品のレビューをしっかり確認し、安全な支払い方法を選択することが大切だ。

ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪