「的を得る」は誤用ではない!「的を射る」との違いとは?

突然ですが・・・、

ともこ
「健太くんの言っていることはいつも的を得ているよね。」
健太
「おいおい。それを言うなら的を射ているだろう?」
ともこ
「えっ!そうなの?知らなかったー。」

という会話を聞いたことはないでしょうか?

的を射る」、「的を得る」一体どちらが正しいのでしょうか。

両者に違いはあるのでしょうか。そもそも「的を射る」ってどういう意味なんだろうと思う方もいるかもしれません。

ここからは「的を射る」の意味と、「的を得る」は本当に誤用なのかについて紹介していきます。

【スポンサーリンク】

「的を射る」の意味

的を射る」は広辞苑第七版によると、物事の肝心な点を確実にとらえるという意味です。

用例には「的を射た発言」とあります。

矢を的に向かって放ち、その矢が的に命中する様子から、物事の本質を射抜く、転じて的確に要点をとらえるという意味になりました。

ちなみに広辞苑には「的を射る」しか掲載されていません。

「的を得る」は誤用なのか、正しいのか。謎は深まるばかりです。

「的を射る」の使い方

意味が分かったところで使い方を見ていきましょう。

ともこ
健太くんの説明は的を射ていて分かりやすかったわ。
健太
的を射た説明をしないと、何が言いたいのか聴衆に伝わらないよ。
ともこ
あのクラスの生徒はレベルが高く、的を射た質問をしてきます。

といった風に使います。

では、そろそろ最大の謎について考察してみましょう。

度々論争になる「的を得る」は誤用なんでしょうか。

「的を得る」は「的を射る」の誤用ではなくどちらも正解

文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「的を射る」「的を得る」どちらを使うかという調査が、平成15年度と平成24年度の2回にわたってなされています。

2回も調査をするなんて、この論争がいかに注目度が高いかということがわかりますね。

「的を射る」を使う
平成24年度の調査では、「的を射る」を使う人は52.4%、平成15年度の調査では38.8%でした。

「的を得る」を使う
平成24年度の調査では、「的を得る」を使う人は40.8%、平成15年度の調査では54.8%でした。

引用:文化庁国語に関する世論調査

数値を見ると、本来の「的を射る」を使っている人が増えています。

そして、この調査では「的を射る」が正しいとされています。

しかし、2013年末、三省堂国語辞典の第7版が発売されたときに、この論争をしていた人たちの間に衝撃が走りました。

「的を得る」が「的を射る」と一緒に掲載され、編集委員の一人が「的を得る」を誤用としていたことが誤りだったと発言したのです。

引用:三省堂国語辞書編集委員飯間弘明さんのtwitter

三省堂国語辞典は第3版以降、「的を射る」の項で「(あやまって)的を得る。」と書き続けてきましたが、ここにきて意見が逆転し、「的を得る」が独立した項として掲載された上で、「あやまって」の注記が削除されました。

しかも、編集委員の方が公の場で謝罪をしています。

私たち使う側としては、辞書は絶対に間違いがないものという認識ですよね。その辞書が掲載したということは、「的を得る」は間違いではないということなのではないでしょうか。

【スポンサーリンク】

まとめ

結論としては、「的を得る」は誤用ではないといえます。一部の辞書では正しい使い方と認定されました。

しかしながら、広辞苑をはじめとして多くの辞書が、「的を得る」を掲載していない辞書が多いことも事実です。

「的を得る」は、市民権を得てきているけれども、万人に認められるにはまだ早いといった感じでしょうか。普段の会話では使用しないほうが無難かもしれません。

もしあなたが友人との会話で「君の意見は的を得ているね。」と発言したら・・・、

「的を得るは間違いだよ。」
「三省堂国語辞書に載っているから正解なんだよ。」
「いいや。僕の家にある辞書には載っていないよ。」
といった論争になるかもしれませんね。

言葉は変わっていくものです。美しい日本語を守ろうとするあまり、誤用だ誤用だと目くじらを立てていると疲れてしまいますよね。

いつかはすべての辞書に「的を得る」が載る日が来るかもしれません。

例えば、「間髪を入れず(かんぱつをいれず)」

これは正確には「間、髪を容れず(かん、はつをいれず)」です。

「姑息な」は、卑怯なという意味だと思っている方が多いですが、正しい意味は、「一時しのぎの、その場のがれの」という意味です。

これらの言葉のように、間違っているとは知らずに使っている言葉が、実はたくさんあります。

「意味不明」を「イミフ」と言ってみたり、目に余るような言葉の乱れは許容してはいけないと思いますが、言葉が生まれた背景や歴史を感じながら、言葉の変遷に思いをはせ、会話を楽しむことができるといいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事