天上天下唯我独尊には続きがあった!本当の意味を知っていますか?

皆さんは、天上天下唯我独尊」という言葉をご存じでしょうか。
ちなみにこちらは、「てんじょうてんげゆいがどくそん」と読みます。

バスケットボール部員を描いた伝説的有名漫画の流川何某君が、N長君に天上天下唯我独尊」なあいつがチームメイトにパスを出したと驚かれる場面がありました。

有名な場面なのでご存じの方が多いと思います。

あれは、個人プレーに走りがちな彼に対して「Selfish(利己的な、わがままな)」という意味で使っていました。

そして「お前はもう死んでいる」ということ名で有名な某漫画に出てくる、ラオウ氏も「この世に生を受けたからには、俺は全てこの手に握る。俺はついに天を握った。お前は天を握った男にふさわしい女。神は私との戦いをよんでいた。再び天へ。このラオウ、天に帰るのに人の手は借りぬ」と発言し、「天上天下唯我独尊」な人といわれています。

果たして本当はどんな意味なんでしょうか。

そして、この言葉には続きがあることをご存じでしたか?
漫画でこの言葉に興味を抱いた、この言葉を知ったという方は、興味ついでに、一緒にこの言葉を紐解いていきましょう。

【スポンサーリンク】

天上天下唯我独尊の意味

「天上天下唯我独尊」の意味は、広辞苑第七版によると「(釈尊が生まれたとき、一手は天を指し、一手は地を指し、七歩進んで、四方を顧みていったという語)宇宙間に自分より尊いものはないという意。」と書かれています。

「天上天下」は天の上にも天の下にもという意味で、大宇宙のことを指します。
「唯我独尊」は、世の中で一人だけが優れているとすること。ひとりよがり。という意味で使われています。

「唯我独尊」だけだと、

ともこ
健太くんは、本当に唯我独尊な人で困るわ。
という風に、「Selfish」、自己中心的な人として使います

「唯我独尊」だけみると、「私は世界一えらい、私にひざまずけ」というような傲慢な意味にもとらえることができそうですが、実はこれは、「我」の意味を「私」ととらえたことから始まった誤った使い方だったのです。

「天上天下唯我独尊」の由来

そもそも「天上天下唯我独尊」はどのように生まれた言葉なのでしょうか。

浄土真宗の思想によると、この言葉は、お釈迦様が生まれてすぐに七歩歩き、右手で天を指し、左手で地を指しながら発した言葉だと伝えられています。
さすがお釈迦様、生まれてすぐに歩くこともありえないすごいことですが、産声が「天上天下唯我独尊」だなんて、赤ちゃんの頃から常人離れしていたんですね。

さて、生まれたばかりのお釈迦様はこう言いました。

「天上天下 唯我独尊(てんじょうてんげ ゆいがどくそん)
 三界皆苦 吾当安此(さんがいかいく ごとうあんし) 」

先ほども述べましたが、「我」は「私」ではないのです。「我」は「我々、全人類」という意味なんです。
そうやってもう一度この文章を見ると意味が変わってきて見えませんか?

お釈迦様の言葉の意味を見ていきましょう。

「使命」は、「解脱」つまり、悟りを得ることです。
「三界」とは、「欲界」 欲求、欲望だけで生きている世界
「色界」 芸術の世界
「無色界」精神の世界、つまり哲学、思想の世界。

このように、仏教の思想では、我々人間が住む世界を三つに分けて考えます。
どの世界も迷い苦しむ世界なので、「皆苦」みんな、苦しいと続きます。

そして最後に「吾当安此」。
この「吾」はお釈迦様ご自身のことです。

人生苦しいことばかり。本当にそうかな?
「此に安んず」、私は人として生まれたことで本当の幸せを得た。
「此に安んずべし」そして本当の幸せがあることをみんなに伝えよう。

とお釈迦様は自分の幸せだけではなく他人の幸せまで考えて、こうおっしゃっているのです。

【スポンサーリンク】

「天上天下唯我独尊」の使い方

「天上天下唯我独尊」の意味が分かったところで、使い方を見てみましょう。

健太
天上天下唯我独尊、人間はみな平等に尊い存在で、優劣はなく、人種で差別されるものではないんだよ。
ともこ
人間は皆、天上天下唯我独尊。人間として生まれてきたことに意味があるんだから、生きる意味がないなんて悩み苦しんで、自殺を選ぶなんて早まったことをしてはいけませんよ。

という風に使います。決してわがままな、自己中心的な人という意味ではありません。

日本の「お釈迦様」

余談ですが、日本のお釈迦様と呼ばれている有名な人物をご存じですか?

それは聖徳太子です。

聖徳太子の伝説が多々記載されている『聖徳太子伝暦』によると、聖徳太子は満1歳の時に、お釈迦様の命日である2月15日に東の方向を向いて「南無仏」と唱えたと言われています。

十人の話を同時に聴いて答えることができた。未来を予言することができたという聖徳太子。生まれてすぐに七歩歩き、「天上天下唯我独尊」とおっしゃったお釈迦様そっくりですよね。

聖徳太子は法隆寺を建立するなど、日本の仏教史上多大な功績をおさめ、浄土真宗の中興の祖、親鸞聖人から尊敬され、現代でもお釈迦さまの再来として崇められています。

【スポンサーリンク】

まとめ

「天上天下唯我独尊」の本当の意味を理解していただけたでしょうか。

しつこいかもしれませんが、決して、青い猫型ロボットが登場する漫画に出てくる、傍若無人キャラな彼。
「俺の物は俺の物。のび太の物は俺の物。」という彼のことではありません。

人間の命に貴賎はなく、みな尊い。
生まれた家柄なんて関係ない、
ノーベル賞を取ったか取っていないかなんて関係ない、
肩書や地位なんて関係ない、
人は皆、悟りを得るという尊い目的を持って生まれてきた。平等な存在なのだから、みな、悟りを得て幸せになる権利がある。幸せになろうという言葉でした。

「天上天下唯我独尊」、実にいい言葉ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事