【夏沖の秋山】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【ことわざ】
夏沖の秋山

【読み方】
なつおきのあきやま

【意味】
夏は沖のほうが晴れ、秋は山のほうが晴れるとその日は晴れる。

【語源・由来】
夏は沖のほうが晴れ、秋は山のほうが晴れていれば天気がよいことが多い。

【類義語】
・夏の入道雲は晴れ

【スポンサーリンク】

「夏沖の秋山」の使い方

健太
夏沖の秋山というから、今日は晴れかな。
ともこ
天気予報は晴れだったわよ。
健太
じゃあ、公園でサッカーができるな。
ともこ
暑いのによくやるわね。

「夏沖の秋山」の例文

  1. 夏沖の秋山という、今日も洗濯日和だ。
  2. 夏沖の秋山といわれる。雨傘はいらないが日傘は必要だ。
  3. 夏沖の秋山という、晴れの日は、帽子がないと殺人的な日差しだ。
  4. 夏沖の秋山というが、連日晴れだから雨でもいい。
  5. 夏沖の秋山といわれるから、水分補給用の水筒を持っていこう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪