「ことわざ・慣用句」のLINEスタンプ発売中♪

【後の千金】の意味と使い方や例文

「後の千金」の意味

意味

【ことわざ】
後の千金

【読み方】
のちのせんきん

【意味】
タイミングがずれると、せっかくの大きな援助は何の役にも立たない。

ことわざ博士
「後の千金」という言葉は、大切なのはタイミングだと教えているんだよ。たとえたくさんのお金や援助があっても、それが必要な時に届かなければ、何の役にも立たないという意味なんだね。

つまり、良いことをするのに適切なタイミングが大切だということだよ。

助手ねこ
なるほどなぁ。つまり、「せっかくの助けも、タイミングが遅れたら役に立たへん」ってことやな。

たとえば、試験前に勉強するのと試験後に勉強するのとでは、試験には役立たへんやろ?タイミングが大事やね。

【スポンサーリンク】

「後の千金」の解説

カンタン!解説
解説

「後の千金」ということわざは、タイミングが遅れることによって、多額の金銭や大きな援助も役に立たなくなる、という意味を持っているんだ。

この言葉は、時の重要性を強調している。たとえば、緊急に必要な時に援助が得られなければ、その後にどれだけ多くの援助があっても、元々の目的や必要性を満たすことはできない、という状況を表しているんだ。

例えば、ビジネスの場面で資金が急に必要になったときに、必要な時に資金が得られなければ、後からいくら多額の資金が提供されても、すでに遅すぎて何の役にも立たないという状況がこれに当たるよ。

このことわざは、適切なタイミングがいかに重要かを教えてくれるんだ。援助や支援は、必要な時に提供されなければ、その価値は大きく減少するということを示しているんだね。

「後の千金」の使い方

ともこ
あと一週間早く支援してくれればよかったのに―。
健太
後の千金だったね。
ともこ
遅い。遅すぎるわ。
健太
せっかくのありがたい申し出なんだから、そう怒らないの。
【スポンサーリンク】

「後の千金」の例文

例文
  1. 後の千金となっては意味が無いから、必要な人に必要な支援が行き渡るように政府は準備するべきだ。
  2. 倒産した後に、援助の申し出があったが後の千金だ。
  3. 留学のチャンスを得た時にお金が欲しかったのに、留学の話が流れた今お金をもらっても後の千金でしかない。
  4. 病気が悪化する前に手術費用が欲しかったな。命の灯火がわずかとなってからもらっても後の千金
  5. もっと早くに助けの手を差し伸べればよかったが、手遅れで後の千金となってしまった。

ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪