【天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず

【読み方】
てんはひとのうえにひとをつくらず、ひとのしたにひとをつくらず

【意味】
人間はすべて平等であって、身分の上下、貴賎(きせん)、家柄(いえがら)、職業などで差別されるべきではないということ。

【語源・由来】
福沢諭吉(ふくざわゆきち)の「学問のすすめ」が出典です。アメリカの独立宣言を引用したという説があります。

【類義語】

【対義語】

【英語訳】
引用されたという説によるアメリカの独立宣言のその部分は all men are created equal, that they are endowed by their Creator with certain unalienable Rights, that among these are Life, Liberty and the pursuit of Happiness. です。

「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」の使い方

健太
算数のテストで点数をつけるのはおかしいと思う。
ともこ
どうしたの急に。
健太
この前社会の先生が天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らずって教えてくれたから。
ともこ
それと算数の成績とは違うと思うな。都合のいいことばかり覚えているのね。健太君らしわ。

「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」の例文

  1. 天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らずというように人を差別するのはよくありません。
  2. 天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らずとは家柄、出身地、職業や地位などのことを言っているのではありません。
  3. 自ら努力しないで、天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず、だから助けられて当然だと主張するのはいかがでしょうか。
  4. 現実の社会は厳しいものです。天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らずといっても暗黙(あんもく)のうちに強弱の立場が決まってしまいます。

まとめ

学校では人間は全て平等で、差別はいけないということをこのことわざで習った記憶があります。続きについては大人になってから自分で学びました。長くなりますが、このことわざに続く文書をご紹介しましょう。

されども今、広くこの人間世界を見渡すに、かしこき人あり、おろかなる人あり、貧しきもあり、富めるもあり、貴人もあり、下人もありて、その有様雲と泥との相違あるに似たるはなんぞや。その次第はなはだ明らかなり。「実語教(じつごきょう)」に、「人学ばざれば智なし、智なき者は愚人なり」とあり。されば賢人と愚人との別は学ぶと学ばざるとによりてできるものなり。また世の中にむずかしき仕事もあり、やすき仕事もあり。そのむずかしき仕事をする者を身分重き人と名づけ、やすき仕事をする者を身分軽き人という。すべて心を用い、心配する仕事はむずかしくして、手足を用うる力役(りきえき)はやすし。ゆえに医者、学者、政府の役人、または大なる商売をする町人、あまたの奉公人を召し使う大百姓などは、身分重くして貴き者と言うべし。
身分重くして貴ければおのずからその家も富んで、下々しもじもの者より見れば及ぶべからざるようなれども、その本もとを尋ぬればただその人に学問の力あるとなきとによりてその相違もできたるのみにて、天より定めたる約束にあらず。諺にいわく、「天は富貴を人に与えずして、これをその人の働きに与うるものなり」と。されば前にも言えるとおり、人は生まれながらにして貴賤・貧富の別なし。ただ学問を勤めて物事をよく知る者は貴人となり富人となり、無学なる者は貧人となり下人げにんとなるなり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事