【断金の交わり】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
断金の交わり

【読み方】
だんきんのまじわり

【意味】
堅い友情で結ばれた、とても親しい交わりのこと。

【語源・由来】
「断金(だんきん)」とは、「易経(えききょう)繫辞(けいじ)・上」より「二人(ににん)心を同じくすれば、其(そ)の利(り)金を断つ」から、金を断ち切るほどの固い友情というたとえ。

「断金の契り(だんきんのちぎり)」ともいうが、後漢(ごかん)の孔崇(こうすう)と范式(はんしき)が、生涯にわたって固い友情を持ち続けたという故事に基づいている。

【類義語】
・断金の契り(だんきんのちぎり)
・金蘭の契り(きんらんのちぎり)
・金蘭の交わり(きんらんのまじわり)
・管鮑の交わり(かんぽうのまじわり)
・金石の交わり(きんせきのまじわり)
・刎頸の交わり(ふんけいのまじわり)
・水と魚(みずとうお)
・水魚の交わり(すいぎょのまじわり)

【対義語】

【英語訳】
Inseparable friendship.

「断金の交わり」の使い方

健太
ぼくと彼は幼い頃からずっと一緒に過ごしていて、なにをするのも一緒にしているよ。
ともこ
いつもとても仲が良くて、お互いのことをわかりあっているのね。
健太
彼の考えていることなら、説明してもらわなくてもわかるよ。
ともこ
断金の交わりとは、二人のようなことをいうのね。

「断金の交わり」の例文

  1. 断金の交わりというけれど、まさにぼくと彼のことだと思う。
  2. 楽しい時も、つらい時も一緒に乗り越えてきた彼とは、断金の交わりだ。
  3. 私と彼女は学生時代からの友人で、お互いに深く理解し合っていると思う。きっと、断金の交わりということだろう。

まとめ

金をも断ち切るほどと例えられる友情とは、とても強いと思うのではないでしょうか。
断金の交わりというほどの友情とは、やはりお互いを信頼し合える関係ということなのでしょうね。
そのような友人に巡り合い、友情を大切にしたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事