【大欲は無欲に似たり】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
大欲は無欲に似たり

【読み方】
たいよくはむよくににたり

【意味】
大きな欲を持っている者は、目先の小さな利益には関心を示さないので、まわりの人には無欲に見えるということ。
また、欲の深い者は欲張りすぎてしまい、なんの利益も得られないので、結局は欲のない者に見えるということ。

【語源・由来】
「大欲(たいよく)」とは、非常に欲が深いこと。また、欲が深い人のこと。

【類義語】
・虻蜂取らず(あぶはちとらず)
・大巧は拙なるが若し(たいこうはせつなるがごとし)
・二兎追う者は一兎も得ず(にとおうものはいっともえず)
・欲の熊鷹股裂くる(よくのくまたかまたさくる)
・大智は愚の如し(たいちはぐのごとし)

【対義語】

【英語訳】
Grasp all, lose all.

「大欲」は、「だいよく」とも読む。

「大欲は無欲に似たり」の使い方

健太
そんなに小さなものには、あまり興味がないよ。
ともこ
あら、この当たりが出ると、小さいアメがもらえるのよ。
健太
そんなに小さなアメじゃなくて、ぼくはもっともっと、大きくて高価なものが欲しいんだよ。
ともこ
大欲は無欲に似たりだったのね。

「大欲は無欲に似たり」の例文

  1. 大欲は無欲に似たりというけれど、彼がそんな野心を抱いていたなんて少しも気づかなかったよ。
  2. 彼女は淡々と仕事を進めていたけれど、大きな利益を視野にいれていたなんて驚いた。大欲は無欲に似たりだ
  3. 旅行の計画を立てていても、父はどこでもいいと話していたけれど、まさか世界一周したいと思っているなんて、大欲は無欲に似たりということだったのか。
  4. 大欲は無欲に似たりというから、今は事業を拡大しないでおこう。
  5. 彼が投資をしていて、大きく利益を上げようとして失敗したらしい。大欲は無欲に似たりということか。

まとめ

大きな欲を持っている人ほど、小さな欲には目もくれないものなのですね。
しかし、欲に惑わされて損をして、結局は無欲と同じことのようになってしまっては、とても悲しいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事