【桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿

【読み方】
さくらきるばか、うめきらぬばか

【意味】
桜と梅の剪定(せんてい)法に違いがあることを教える言葉。

剪定(せんてい)とは樹木の枝を切り、形を整えたり、風通しを良くする事。

【語源・由来】
「桜」はへたに切ると、切り口から木材腐朽菌が入り込みだんだん枯れていく。「梅」は切ることにより、枝数がふえ、枝数が増えるとともに花も多くつくので、切ることをすすめるという両者の特性から。

【類義語】
・梅は伐れ、桜は伐るな
・桜折る馬鹿、柿折らぬ馬鹿
・桃を切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿

【英語訳】
The fools who cut cherry trees, the fools who don’t cut plum trees.

【スポンサーリンク】

「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」の使い方

ともこ
桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿ってあるけど、この言葉知ってる?
健太
知ってる。おじいちゃんが言ってたよ。
ともこ
この言葉の通りだと、桜は放ったらかしにすべきなんだけど、テングス病など病気の他に、樹形をみだす徒長枝が発生するから、これらを剪定しないと、病気の蔓延による枯死につながるの。だからね、冬に、おもいきって不要な枝は、剪定しないといけないの。
健太
ともこちゃん、すごい詳しいね!専門家みたいだね。

「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」の例文

  1. 桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿という言葉が、植物に水をあげすぎて、枯らしてしまう私の胸に突き刺さった。
  2. 桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿というのは、余計なことばかりして、大切なことはしない人に似ている。
  3. 桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿というが、花見のときに健太くんが枝を折った桜は本当に枯れてしまった。
  4. 桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿というが、桜は剪定が難しく、梅は剪定が容易ということでもある。
  5. 桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿という言葉を先人は残してくれたが、枯らす前に知りたかった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事