【匙を投げる】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】
匙を投げる

【読み方】
さじをなげる

【意味】
医者が治療の方法が見つからないと、薬の調合用の匙を投げだすことから、物事に成功する見込みがなくて、あきらめてしまうこと。
医者が病人の治療をあきらめるほと、病状が悪化して、手の施しようがないこと。
治療や病人に対してだけではなく、これ以上どのように努力をしても、もう成功する見込みがないと悟り、あきらめてしまうこと。

【語源・由来】
江戸時代には、医者(漢方医)が診察や治療の他に、薬の調合を行っていた。
まだ医療技術が未発達で、薬しか治療方法がなかったため、薬がだめな場合は治す方法がなかった。
薬で治せないものは、もうあきらめざるを得ないことが多かった。

江戸後期の川柳集、「排風柳多留(はいふうやなぎだる)」には、
「田舎医者 さじを投げては 馬で逃げ」
という川柳が見られる。
そこから、医者が治療をあきらめる以外でも、物事を断念するという意味で用いられるようになった。

【類義語】
・お払い箱にする

【英語】
to give up (something as hopeless).
to throw in the towel.

・「さじ」とは、スプーンのこと。
医者が薬の調合のために使うことから。
・江戸時代には、大名の侍医は「おさじ」と呼ばれていた。
嫌いな食べ物が出てきて、スプーンを投げて怒るという意味ではない。

「匙を投げる」の使い方

健太
またテストで悪い点数をとっちゃった。
ともこ
どこを間違えたの?
健太
何度も教えてもらったのに、わからなかったんだ。
ともこ
匙を投げたくなるけれど、もう一度説明するから、よく聞いてね。

「匙を投げる」の例文

  1. せっかく途中まで計画していたのに、うまくいかなそうだと匙を投げた
  2. こんなに強そうな相手には勝てないと、戦う前に匙を投げる
  3. 名医が匙を投げてしまいたくなるほどの症状を抱えている。
  4. 何度注意しても、遅刻をするので、先生も匙を投げた
  5. 最終回、ノーアウト満塁で、勝ち目がないと匙を投げた
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事